キングレオの冒険/円居挽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


京都を舞台にスター探偵が駆ける!

京都の街で相次いで起きた殺人事件。
なぜかすべて、シャーロック・ホームズ譚を模していた。

解決に乗り出したのは、日本探偵公社の
若きスター・天親獅子丸と、助手の大河。
大河は獅子丸をモデルにした『キングレオ』シリーズの
スクリプトライターでもあった。

無関係に思われた事件を追っていくと、
謎の天才犯罪者の存在が浮かびあがってくる。

エスカレートする犯人の挑発。

獅子丸はついに、師である
老獪な名探偵と対決することに!



◆感想


 連作短編形式のミステリーで
 シャーロック・ホームズを意識した作品です。

 シャーロック・ホームズの作品を読んでいる人はニヤリとできますし、
 読んでいない人は読んでみたくなると思います。

 登場人物の名前が著者の他のシリーズに出てくる人ばかりなので
 スピンオフ作品だと思ったのですが……。
 同じ事件の解決方法があっちとこっちで違ったので、
 パラレルワールドなのでしょうね。

 『丸太町ルヴォワール』とかとは別世界の話です。
 『○○ルヴォワール』シリーズを読んでから本書を読まれる方は
 その点を気を付けてください。
 私は同じ世界の話だと思って読み進めていたので、
 最後の方で少し混乱しました。

 内容自体はとても楽しめたのですけどね。
 別シリーズの作品と「同じ名前だけど別のキャラ」なところが
 少し気になりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あまり実感がありませんが、月末で年度末ですね。
 例年であれば3月は収入が多くなる月なのですが、
 今年は多くなりませんでした(´・ω・`)
 おそらく新型コロナうんぬんの影響です。

 もちろん「こんちくしょう!(TAT)」と思う気持ちはありますけどね。
 見方を変えると、私のやっていることが、社会情勢の影響を
 ダイレクトに受けるくらいの規模になった証拠でもあります。
 そう考えると、ちょっと感慨深い……かも?(ノ∀`)

 ただ、まぁ、ハラハラしながらニュースを見るような生活は
 あまり好ましくありません。

 多少の景気変動ではドキドキしなくて済むように、
 あれやこれやとやっていこうと思います。

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 06:56 | 小説

マンガでわかる チーズはどこへ消えた? Who Moved My Cheese?/スペンサー・ジョンソン、マンガ 松浦まどか、マンガ 多田あゆ実、シナリオ 星井博文

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


★迷路の中に住む、二匹のネズミと二人の小人。彼らは迷路の中でチーズを発見する。チーズは私たちの人生で追い求めるもののシンボルである。ところがある日、チーズが消えてしまった! ネズミたちは本能のまま、すぐさま新しいチーズを探しに飛び出してゆく。ところが小人たちは、チーズが戻ってくるかもしれないと無駄な期待を持ち、誰が持ち去ったのだろうかなどと現状分析にうつつを抜かすばかり。しかしついに、一人の小人が新しいチーズを探しに旅立つ決心をするーー。

あの大ベストセラーがマンガで登場!

コミック版の登場人物は、一流商社でバリバリ働いていたが不本意な部署に異動になったススム、あるプロジェクトでリーダーに抜擢されたが自信がなくて引き受けられずにいるいナミ。そして大手ゼネコンを辞めて起業したタカシの幼馴染み3人組。
一歩踏み出せずにいるススムとナミに、タカシが一冊の本をすすめる。
それが『チーズはどこへ消えた』?だった……。



◆感想


 つ、ついに、これもマンガになりましたか(^^;

 『チーズはどこへ消えた?』のマンガ版です。
 同期の飲み会で1人が他の人に内容を紹介する形で描かれています。

 内容は、活字版を忠実に再現しています。

 活字版もメッチャ薄いので、文字を読むのが苦でない人は
 活字版を読んでも良いと思います。

 文字を読むのが苦手な人や絵でイメージしたい人は
 本書を読めば良いでしょう。

 活字版を読んだときにも同じことを書きましたが、
 自分が変わりたいと思っている人の背中をそっと押してくれる内容です。
 何か今までと違う事をやりたいんだけど踏ん切りがつかない方は
 読んでみても良いと思います。
 きっと背中を押してもらえるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、Amazonさんとか楽天さんで本を買いました。

 20冊くらい(−∀−)

 これで、しばらくは読む本に困らなそうです。
 不要不急の外出を避けて、読書タイムを満喫しまっす(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:18 | ビジネス書

5分後に恋の結末 そして、誰かの恋がはじまる。/橘つばさ、桃戸ハル、かとうれい

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


累計250万部突破。子どもから大人まで、「はまる読者」続出の超人気小説の「恋」シリーズ第4弾。切ないラスト、キュンとくるラスト、教訓的なラスト……そして、全編、最後には、「意外な結末」。女子だけではなく、男子も読みたい、二十数編の青春小説。



◆感想


 1話が短いので、気軽に読み始められて、気軽に読むのを中断できます。
 今回も作業の合間の気分転換に役立ってくれました。

 『5分後に〜』シリーズは短い文章の中にどんでん返しがあったりして好きです。
 というか、ちゃんとオチがある作品が好きなのですが、
 私の好みに合っている話が多くて愛読しています。

 まぁ、既刊は全部読んじゃったから新作待ちなのですけどね(´・ω・`)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、新型コロナうんぬんが盛り上がっていますが、
 よく考えたら年度末でした。

 例年であれば「予算を使い切らなきゃ!」な人たちが
 大盤振る舞いを始める時期ですが、
 さすがに今年は控えめっぽいですね(^^;

 多少の蓄えはあるので今日・明日お金が尽きるということはありませんが、
 早めに平常通りの毎日に戻ってもらいたいものです。

 ただ、まぁ、個人的には2011年3月の方が絶望感がありました。
 枕元に靴を置いて余震にドキドキしながら寝ていましたからね。

 夜にグッスリ眠れる分だけ、あの頃よりも楽観的に生きています。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:43 | 小説