ハートフル・ラブ/乾くるみ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


大学生の克己は実習グループの紅一点である亜紀に好意を抱く。交際経験がなく、他の男子も彼女を狙っていると知り、一歩引いていた克己だが、亜紀から「二人で会いたい」と
思わぬ誘いがあって――(書き下ろし「数学科の女」)
他に、突然の余命宣告を受けて結婚を決意した夫婦を描く「夫の余命」(日本推理作家協会賞候補)や、アイドルの握手会をまさかのミステリに仕立てた「なんて素敵な握手会」など、どんでん返しの名手の技が冴える珠玉のミステリ7篇収録。
<目次>
夫の余命
同級生
カフカ的
なんて素敵な握手会
消費税狂騒曲
九百十七円は高すぎる
数学科の女



◆感想


 短編が7編収録されています。

 個人的には最初の「夫の余命」がズバ抜けて面白かったです。
 最後まで読んだ後に、もう一度最初から読み直しました。
 これこれ、こーゆーやつが読みたかったのですよ(*´ェ`*)

 「なんて素敵な握手会」も好みでしたが、
 実は別の作品集で読んだことがあったのですよね。
 最初に読んだときはキレイに騙されました。

 書きおろしの「数学科の女」は、
 途中で展開が読めちゃったので
 あまり驚きはありませんでした。
 ただ、B型の彼をアレしたってことは……
 何気に本命なのはホントなのかな(−−?
 そんな邪推をしつつ楽しませていただきました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、頑張ってやるようなものでもありませんが、
 頑張って積読を消化しています。

 ……が、また買っちゃった(−∀−;ゞ
 「別に腐るものじゃないから、いっかな〜」とか思っちゃうのですよね。
 いかん、いかん(−−;

 ちなみに2冊くらい読んだのですが5冊くらい買ったので
 積読本は3冊増えました(−∀−;ゞ

スポンサーリンク

タグ:乾くるみ
posted by ササキマコト at 04:50 | 小説

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング/永井孝尚

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


なぜ「あれ」は売れるのに「これ」は売れないのか。マーケティングは、勉強したいと思いつつ、つい後回しになりがちです。そこで本書は、身近な事例でマーケティングが学べる、8つの物語を収録しました。モノを売る仕事をする人にとって、マーケティングの知識は必須です。この1冊から、マーケティングに親しめば、きっと明日からあなたの売り方が変わるはずです。



◆感想


 マーケティングの本です。
 身近な企業が例として出てきます。
 読みやすかったし分かりやすかったです。

 「マーケティングをバリバリやってます!」な人にとっては
 物足りないかもしれませんけどね。
 「まーけてぃんぐ……?」な人は読んでみても良いと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、調子に乗って本を買いまくっていたら
 積読が「えらいこっちゃ」になっています(−−;
 多分30冊くらい積んでいます。
 せっかく新刊で買ったのになぁ(−−ゞ

 ということで、ちょっくら気合いを入れて
 積読を消化します。
 一日一冊読めば1ヵ月で消化できますねヽ(;´∀`)ノ←実行できる自信はない

スポンサーリンク

タグ:永井孝尚
posted by ササキマコト at 05:11 | 小説

マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える/深沢真太郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「キミ、数字弱いね」とは、もう言わせない。計算、グラフ、論理的な話し方―このツボさえおさえれば、仕事の成果がみるみる上がる!



◆感想


 マンガだったので読んでみました。
 私にとって特に目新しいことはありませんでしたが、
 数字の良さを再認識できました。

 「君の話は、ふわふわしていて、よく分からん」と言われる人は
 読んでみても良いと思います。
 数字は人種・国籍を問わない共通言語ですからね
 使いこなせるようになっておいて損はないはずです。
 その勉強のきっかけにできるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、10年に一度の大寒波らしいですね。
 私は引きこもっているので影響は大きくありませんが
 いつもより部屋の温度が低かったような気がします。

 お外に出る用事がある人は大変だったでしょうね(−−;
 無事に乗り切れたことを祈っております(−人−)

スポンサーリンク

タグ:深沢真太郎
posted by ササキマコト at 16:37 | ビジネス書