≠の殺人/石崎幸二

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


沖縄本島沖の孤島―水波照島にあるヒラモリ電器の保養所で開かれたクリスマスパーティー。大手企業の御曹司・平森英一が主催するとあって、会には有名スポーツ選手や俳優などの豪華な招待客が名を連ねていた。そんな宴の夜、惨劇が!人気プロ野球選手、井沢健司が無残な死体となり発見されたのだ。その後、連鎖し起こる不可能殺人。事件の背後にある深い闇に迫る。絶海の孤島に住む双子の姉妹、断崖の上の怪しげな建造物、連続殺人事件勃発率99.9…%。オヤジギャグを愛す女子高生コンビ(ミリア&ユリ)が難事件に挑む。



◆感想


 しばらくご無沙汰していたシリーズです。
 読み始めてすぐに「あー、そうだ、そうだ。こんなだった(笑)」となりました。

 掛け合い漫才的な会話部分が本シリーズの一番の特徴ですかね。
 この会話部分を楽しめるかどうかで作品に対する印象が大きく変わります。

 とはいえ、何気にちゃんとミステリーしているのですよね。

 個人的には楽しめました。
 機会があれば、シリーズの他の作品も読んでみます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、11月が始まりました。

 やる気の神様は、まだ元気があるようです。

 やる気の神様が力尽きるまでは、
 このまま突っ走ろうと思います(−−)☆

 ちなみに私は「キリッ(−−)☆」な時期と
 「ぐでー(O__)OZzz・・」な時期が交互に来るタイプです。

 今は「キリッ(−−)☆」な時期っぽいのですが、
 多分そのうち「ぐでー(O__)OZzz・・」な時期になります。

 「ぐでー(O__)OZzz・・」な時期が来るまでに
 どこまで前に進めるかが勝負所です(笑)

スポンサーリンク

タグ:石崎幸二
posted by ササキマコト at 06:19 | 小説

マンガでやさしくわかるゲーム理論/川西諭、円茂竹縄

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


戦略思考を身につける一歩進んだ問題解決のヒント。舞台は、さびれた元炭鉱町の温泉街・歩成町。主人公の銀次郎は、突然失踪した兄・金太郎の代わりにムリヤリ温泉旅館・桂馬屋の主人に据えられた。目新しい観光施設のない歩成町は、“ジリ貧”状態に陥っていた。銀次郎も、「仕方ない」と諦めかけていたが、そんな時、桂馬屋に連泊していた香子から「ゲーム理論」を学ぶことになり…



◆感想


 ちょっとゲーム理論に興味が湧いていたのと
 マンガだったので読んでみました。

 思っていたよりは文字が多めでしたが、
 物語になっていることもあり、取っ付きやすかったです。

 本格的に学びたい人には物足りないかもしれませんが、
 最初の取っ掛かりとするには良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、もうすぐ10月が終わりますね。

 10月はいろいろと嬉しいことがあり、
 2020年で一番充実した1ヵ月になりました(*´ェ`*)

 「この調子で11月も頑張るぞ!」と地味に気合が入っています。

 ということで、やる気の神様が力尽きるまでは
 頑張りまっすp(−−)q

 やる気の神様が力尽きたら、グータラします(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 03:40 | ビジネス書

もっと だらだら夫婦/とぽすけ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


だらだら夫婦からのほんわかメッセージ第2弾。奥様とダンナ様のなれそめ劇場「だらだら今昔物語」もあるよ。



◆感想


 このシリーズは全部読んだと思っていたのですが
 未読のやつがありました。
 嬉しい誤算ですな(*´ェ`*)

 全体的に、ほのぼのとした雰囲気で癒されます。
 脳みそが疲れているときとかに
 何も考えないで読むのがオススメです。

 あと、個人的には、旦那さんが他人に思えなかったりします(−−ゞ


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、めっちゃ眠いです(−−)Zzz・・
 「このブログを書いたら寝ようかな」と思っているのですが
 私の脳みそが一足先にお休みモードに入ってしまいました(−−;

 まぁ、何が言いたいかというと、書くことが思い浮かばないのですよ。

 諦めます(−−)ノ

 おやすみなさいっ(O__)Oパタッ

スポンサーリンク

タグ:とぽすけ
posted by ササキマコト at 04:24 | その他