新釈 走れメロス 他四篇/森見登美彦

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


芽野史郎は全力で京都を疾走した――無二の親友との約束を守「らない」ために! 表題作の他、近代文学の傑作四篇が、全く違う魅力をまとい現代京都で生まれ変わる! 滑稽の頂点をきわめた、歴史的短編集!



◆感想


 普通に面白かったです。
 元ネタとなった名作たちへの敬意も感じられ、
 それでいて、しっかり森見ワールドになっていました。
 良いバランスで新しい作品に仕上がっていると思います。

 ……なんか偉そうな物言いになっちゃった。
 ゴメンなさい(−−ゞ

 オマージュなので元ネタを知っていた方が楽しめますが、
 こっちを先に読んで、後から元ネタとなった作品を読むのもアリだと思います。
 本作単体でも楽しめる内容でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか左手首が痛くてですね。
 現在、湿布を貼って誤魔化しています。

 「まさか腱鞘炎か?!Σ( ̄◇ ̄;」と思ったのですが、
 それだったらマウスを使う右手の方が痛くなるべきですよね。
 マウスだ、キーボードだ、と酷使されている右手が何ともなくて
 右手よりは甘やかされている左手が腱鞘炎になる理由がありません。
 ということで、腱鞘炎ではないということにします。

 ぶっちゃけ原因は不明なのですけどね。
 多分2、3日で治るはずなので、放っておこうと思います。


 ……(−−)


 ……2、3日で治るよね?頼むよ、神様(;−人−)

スポンサーリンク

タグ:森見登美彦
posted by ササキマコト at 06:17 | 小説

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 3/青木祐子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


森若沙名子、27歳。経理一筋5年。仕事とプライベートはきっちり分けたいと思っている。
そんな沙名子に、広報課の室田千晶が相談があると言ってきた。千晶は化粧品会社から転職してきた契約社員で、好感が持てるいい子だ。千晶が来てからは、ショールームも飾り付けられ来客も増えた。しかし彼女は、社内で浮いている。一部女子社員からは嫌われてさえいて……?



◆感想


 シリーズ物です。
 1作目を読み始めたときに期待していた「経理ミステリー」っぽくはなくなっているので
 読むのを止めても良いのですが、何となく続けて読んでいます。

 森若さんが順調にデレていってるのが笑えるからです。

 基本的には冷静沈着で仕事も確実な森若さんが
 プライベートでは意外と小市民なのが好きです。
 本シリーズを受け入れられるかどうかは
 クールだけどどこか人間臭くもある森若さんを
 好ましく感じられるか次第だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、好きになった商品が売られなくなることが多いです(´−ω−`)

 とあるスーパーのパン屋さんコーナーで売っていた
 『チキンなんちゃらバーガーなんちゃら風』が好きだったのですが
 ここ1週間ほど見かけておりません。
 商品構成が少し変わっていたので止めちゃったのかもしれません。

 別のスーパーで売っているスパイシーチキンがビールのお供に最高だったのですが、
 これまた買いに行ったら売っていませんでした。
 代わりに「チキンの竜田揚げ風」みたいなやつが売っていたのですけどね。
 私が食べたかったのはスパイシーなやつなのです(つд`)・°・。

 さらに別のお店(というか、オ○ジン弁当)で売っていた
 サラダ風お惣菜が好きだったのですが、やっぱり商品構成が変わっていました。

 なんてこったい!\(−−)/

 まぁ、食べ物との出会いも一期一会ですからね。
 次のお気に入りたちを探そうと思います(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:33 | 小説

珊瑚色ラプソディ/岡嶋二人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


結婚式を控えシドニーから帰国した里見は、婚約者の彩子が沖縄旅行中に倒れ入院したと聞く。しかも、彩子は二日間の記憶を失い女友だちは行方不明。彩子が男といたという証言に動揺しながらも、婚約者を信じ真相を追い求める里見の前に立ちはだかるのは…。南の楽園の悲しみが明かされる長編サスペンス。



◆感想


 一見すると意味不明だった部分がつながったときは
 「おぉ!なるほど!」となりました。
 本作のように、思わせぶりな点を思わせぶりなまま終わらせず、
 きちんと説明してくれる作品は好きです。
 個人的には満足できる読書タイムになりました。

 後で調べたら、この作品は1987年に発表された作品なのですね。
 少しは時代を感じさせる部分がありましたが
 今でも十分に楽しめる作品だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、3連休が始まりましたね。
 今日はジャンプの発売日なので外出しますが、
 あとの2日は基本的に引きこもる予定です。

 とはいえ「予定は未定」と言いますからね。
 もしかしたらパソコンをペチペチするのに飽きて
 フラっとどこかに旅に出るかもしれません。
 だいぶ涼しくなって、お散歩しやすい気候になりましたしね。

 ということで、今回の3連休は(今回の3連休も?)
 風の向くまま気の向くままに過ごしまっすヾ(´∀`)ノ

スポンサーリンク

タグ:岡嶋二人
posted by ササキマコト at 09:06 | 小説