16歳からのはじめてのゲーム理論 "世の中の意思決定"を解き明かす6.5個の物語/鎌田雄一郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


社会の「意思決定」と「かけひき」を読み解く、最強の考える道具をあなたに。経済学の“最重要理論”が「ネズミ親子のストーリー」でやさしくわかる。



◆感想


 興味本位で手に取ったのですが、取っ付きやすく、読みやすかったです。
 「ゲーム理論って何?興味はあるけど難しそう……」な人は
 読んでみても良いと思います。
 ゲーム理論の雰囲気は感じとれるはずです。

 ただ、ですね。
 ややこしかったです(−−;

 めっちゃ丁寧に噛み砕いてくれていますが、
 それでも、たまに「ん?どーゆーことだ?(−−;」となりました。
 論理的な思考が苦手な人はついていくのが大変かもしれません。

 これは説明の仕方うんぬんというよりも、
 ゲーム理論自体のややこしさなのでしょうね。

 「すっげーややこしいのを頑張って噛み砕いてくれているんだろうなぁ」というのは
 とてもよく伝わってきました。

 「ゲーム理論って何じゃらほい?」な人が最初の1冊として読むには
 とても良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、久しぶりの昼夜逆転生活です。

 昨日は23時に寝たのですね。

 起きたら13時半でした(ノ∀`)
 疲れが溜まっていたのかなぁ(−−;

 これを書いている今は16時半くらいなのですが、
 起きてから3時間くらいしか経っていません。

 気分は午前中です。

 ということで、これからお昼ご飯を食べます(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:鎌田雄一郎
posted by ササキマコト at 16:41 | ビジネス書

かくされた意味に気がつけるか? 3分間ミステリー 真実を知るのは誰?/緑川聖司

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


普通に読んだだけでは気づけない、物語のなかの小さな違和感……。そこから推理して物語の隠された意味を読み取る。一気読み二度読みは確実の、大人気の「3分間ミステリー」シリーズ。このたび34巻が同時発売! 収録作品は全て書き下ろし&今回は作者同士が、各巻8話ずつコラボ執筆しています。一見似た物語に隠された意味は、1つではなかった! どこがどう違うのか、気がつけるかな?



◆感想


 「かくされた意味に気がつけるか?」と書いてあるだけあって、
 ちゃんとオチが付いているショートショート集です。

 面白かったのですけどね(´・ω・`)

 このシリーズの既刊分は全部、読み終えちゃいました(つд`)

 また他のシリーズを探さないとなぁ(−−ゞ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、だいぶ寒くなりましたね(´_`)

 新型コロナの影響もあり、今年は例年以上に
 風邪を引かないように気を付ける必要がありそうです。

 熱とかが出たら、新型コロナなのか普通の風邪なのか
 判断が難しそうですからね。

 食べて寝て免疫力を高めておきます(−−)☆

 ……という言い訳のもとに、美味しい物を食べようかと思います。

スポンサーリンク

タグ:緑川聖司
posted by ササキマコト at 08:25 | 小説

今だけのあの子/芦沢央

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


新婦とは一番の親友だと思っていたのに。大学の同じグループの女子で、どうして私だけ結婚式に招かれないの…(「届かない招待状」)。環境が変わると友人関係も変化する。「あの子は私の友達?」心の裡にふと芽生えた嫉妬や違和感が積み重なり、友情は不信感へと変わった。「女の友情」に潜む秘密が明かされたとき、驚くべき真相と人間の素顔が浮かぶ、傑作ミステリ短篇集全五篇。



◆感想


 面白かったです。
 気軽にミステリーを楽しめました。
 全部で5篇の短編が載っていますが、個人的には
 「届かない招待状」「帰らない理由」「答えない子ども」の3つが好きです。

 「届かない招待状」は素直に「良い話だなー(;∀;)」となりました。
 「帰らない理由」は帰らない理由の切実さに笑ってしまいました。
 「答えない子ども」は……理由を書くとネタバレになるので控えますが、男前です。

 読みやすくオチも意外性がありました。
 全体的に満足度が高かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、パソコンのMacを買おうか迷っています。

 先ほど、私のパソコンでWindows Updateがあったのですが、
 これがいつもより時間がかかってですね。
 「まさか起動しなくならないよね?(−−;」と少しドキドキでした。

 私はパソコンをペチペチするお仕事をしているので
 パソコンが動かなくなったら死活問題です。

 もしものときに備えて、Windows以外の予備機を用意しておいた方が
 良いかと思ったのです。

 ただなー。

 多分、使わないんだよなー(−−ゞ

 部屋の片隅でホコリを被っている姿が想像できるだけに
 迷っています。

スポンサーリンク

タグ:芦沢央
posted by ササキマコト at 15:49 | 小説