ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン/小路幸也

◆本の内容


武闘派サザエさんのシリーズ11作目です。



◆感想


 久しぶりに読んだ『東京バンドワゴン』シリーズですが、
 飽きさせない工夫がされつつ、変わらない面白さでした(*´ェ`*)
 過去作を読んできた人なら安心して楽しめると思います。

 過去作を読んでいない人は……本作を手に取るのはオススメしません。
 1作目から順番に読むことを強く薦めます。

 話自体は、それこそサザエさんのように、それぞれの話が独立しています。
 そのため、過去作を読んでいなくても読めなくはないのですが……
 登場人物がメッチャ多いのです。

 1作目は(それでも多いけど)そこまででは、なかったのですけどね。
 巻が進むごとに1人増え、2人増え、今では人物紹介だけでも大変そうです。
 巻頭の「登場人物相関図」には40人以上の名前が載っていました。

 しかも、それぞれの登場人物に、それなりのエピソードがあるのです。

 ということで、できれば刊行順に読んであげてください。
 その方が絶対に楽しめますし、感動できますよ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、たまにあるのですが「お金を使いたいモード」がやってきました(−−ゞ

 お仕事とかを頑張るじゃないですか。
 そうすると、飽きてくるのですよ。

 ぶっちゃけ、私の収入や貯蓄は贅沢をできるほど多くありません。
 ですが、日常生活に困るほど少なくもありません。

 そのため「頑張って、お金を稼ぐ」ということに対するモチベーションが
 著しく下がる時期があるのです。
 元々、そこまで物欲があるわけでもないですし。

 そんなときの対処法のひとつが「お金を使う」です。
 お金を使って、幸せな気分を満喫することで
 「よーし!また頑張って稼ぐぞ!」とモチベーションを上げるのが
 ある種の儀式みたいになっています。

 今回も、お盆休み期間中にそこそこ頑張ったので
 微妙に燃え尽き症候群っぽい感じになっていましてね(−−ゞ
 本能的に「このままではヤバい」と感じているのでしょう。
 「お金を使いたいモード」になっています。

 とはいえ、金額的には可愛いものですけどね。
 過去の例でいうと

 ・ビジネスホテルに3泊4日して、ひたすらグータラする
 ・本を新刊で20冊くらい、まとめ買いする
 ・普段は買うのを躊躇する、お高めの食べ物をスーパーで買いまくる

 とかです。
 金額的には2〜3万円くらいですかね。
 惰性ではなく「よし!お金を使うぞ!」と意識して使うのがポイントみたいです。

 今回は何に使おうかなぁ(*´ェ`*)
 夢が膨らみます(−∀−)

スポンサーリンク

タグ:小路幸也
posted by ササキマコト at 03:22 | 小説

サイゼリヤのまちがいさがし/サイゼリヤ

◆本の内容


子ども向けなのにクソ難しいと噂の、サイゼリヤのキッズメニューに載っている間違いさがしを集めた本です。全部で11問かな。ページ数は少ないですが難問ぞろいです。



◆感想


 このレベルの間違いさがしをキッズメニューに載せる心意気が素敵ですね。
 最初の方は意外と順調なのですよ。
 私も最初は「あれ?難しいと聞いてたけど、意外と余裕ジャン」と思いました。

 ところがどっこい、全10個の間違い中、
 8個か9個見つけたあたりで難易度が跳ね上がります。

 やべえ……最後の1個が見つからん(−−;

 軽い気持ちで手に取ったのですが、
 いつも以上に集中力を要する読書タイムになりました(−−;ゞ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、先日、愛用の座布団が壊れたと書いたのですが、
 新しい座布団を買いに行くのを、すっかり忘れていました(−−ゞ

 ということで、老兵は、まだ私の下にいてお尻を守ってくれています。

 自分の中身を覗かせながら(−。−;)ぼそっ

 ゴメンね。
 できるだけ急いで後継者を探してくるよ。

 外出したときに覚えていたら(−。−;)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:サイゼリヤ
posted by ササキマコト at 01:34 | 小説

ハイエナの微睡 刑事部特別捜査係 /椙本孝思

◆本の内容


迂闊に書くとネタバレになってしまいそうです。裏表紙には「宗教都市・深石市で、奇妙なバラバラ死体と、冷蔵庫に圧し潰された変死体が発見された。被害者はともに警官。捜査一課の佐築勝道は、両現場で見つかった不気味な意匠の社章から、ある地元企業の関与を疑う。しかし理不尽な組織の力学と謎の圧力が捜査を阻み、無邪気な女が勝道を悩ませる―サバンナを彷徨うような果てなき猟奇殺人捜査。刑事がたどり着く驚愕の真相とは?ラスト40ページで世界が一変する衝撃の警察小説。」と書いてありました。確かに、そんな内容です。この説明を信じて読んで……そして存分に騙されてください(−∀−)



◆感想


 うわー、引っかかった(≧▽≦)
 「ラスト40ページで世界が一変する」に偽りなしです。
 ちょっとズルいような気もしますが、楽しませていただきました。

 メインのネタは、こだわり派な人からすれば反則かもしれませんけどね。
 私的にはアリです。
 できれば広い心で読んであげてください。

 全体的な雰囲気は、中山七里さんの警察小説と印象が被りました。
 個人的には読みやすさと読み応えのバランスが好みです。
 適度な疲労感と共に「あ〜、読書したなぁ(*´ェ`*)」という気分になれました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、愛用の座布団が壊れました(´・ω・`)

 いつもパソコンをペチペチやっているときに
 私の下にいてお尻を守ってくれているやつなのですけどね。

 ふと気付いたら座布団の中身が見えていたのです。

 最初は、ファスナーが開いているのかと思ったのですよ。
 ですが、よーく見たらファスナーが壊れて……いると見せかけて
 ファスナーの横の布が裂けていました。

 手の施しようがないっぽい(ノ∀`)

 まぁ、10年以上使っていた歴戦の勇者ですからね。
 そろそろ休ませてあげるべきでしょう。

 ということで、近いうちに新しい座布団さんを買ってきます(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:椙本孝思
posted by ササキマコト at 15:57 | 小説