櫻子さんの足下には死体が埋まっている/太田紫織

◆本の内容


骨好きお嬢様で標本士な櫻子さんと平凡な高校生(笑)の僕がコ○ン君と張り合えるくらい死体に出会う話です。連作短編のミステリーっぽい何かです。



◆感想


 まず、あらすじの「平凡な高校生の僕」で大爆笑しました。
 異世界に召喚されたり特殊な能力があったり無駄にモテたりするのですかね?
 あっ、しないのですか。そーですか。

 ぶっ飛んでる系ヒロインとそれに振り回される主人公という、
 よくあるっちゃーよくあるラノベです。

 ミステリーを期待して読むとイマイチかもしれません。
 櫻子さんや平凡な高校生のキャラに好意を持てるかで
 作品に対する印象が決まると思います。

 個人的には、別に嫌いではないけど
 わざわざ買って読むほどでもないかな〜くらいの面白さでした。
 文章が冗長なところは適当に読み飛ばしたので気にならないのですが、
 あと一押しが足りなかった印象です。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は何か集中力が切れています(〜_〜)
 気分が乗らない……(−−ゞ

 こんな日は開き直るしかないですね。
 ぱーっと遊びますヾ(´∀`)ノ

 ポイントは罪悪感を持たないことです。
 遊ぶと決めたら遊ぶ!
 全力で遊ぶ!

 中途半端に「あー、でもアレをやらないとな〜」とか考えながら遊ぶと
 心から満喫できないので、気分転換効果も半減します。

 気合を入れ直して「頑張る」も大事ですが、
 気合を入れ直して「頑張らない」も必要だと思いますよ。

 そんな言い訳を自分にしつつ、今日は、ぐで〜っと過ごします。

スポンサーリンク

タグ:太田紫織
posted by ササキマコト at 10:24 | 小説

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫/高橋由太

◆本の内容


シリーズ第4弾です。時は江戸。オサキと呼ばれる妖狐?に憑かれている周吉の周りで起こる事件の物語です。今回は、ひょんなきっかけで奉公先の娘・お琴が歌組(アイドルグループみたいなもの)に入ることになってしまいます。周吉はそれに付いていきますが……。とある歌になぞらえて、一人、また一人とメンバーが殺されていき、その度に狐の人形が1体ずつなくなっていきます。そうです。あの作品のオマージュです。



◆感想


 おぉ、今回は過去作よりもミステリーっぽかったです。
 『そして誰もいなくなった』のオマージュですね。

 後から見返すと「確かにそれしかないなぁ」なオチですが、
 読んでいる間は謎が謎を呼び「えっ?なんでなんで?」と先が気になりました。

 あと、チョイ役だけど狐塚さんの再登場が嬉しかったです。
 ついでに、蜘蛛ノ介さんが物騒じゃなかったのにもビックリしました。
 蜘蛛ノ介さんは最低でも腕を飛ばさないと気が済まない人だと思ってましたよ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近ヤバいくらい昼夜逆転生活になっています。
 今日も6時に寝て13時半に起きました(−−;
 7時間半寝て健康的ですヾ(´∀`)ノ

 ……ヾ(;´∀`)ノ

 ダメ?(^^;

 昼型にするべきかと思う一方で、
 夜は静かで集中できるんですよ。
 作業の進み具合が段違いです。

 悩ましいところです(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:高橋由太
posted by ササキマコト at 13:42 | 小説

名被害者・一条(仮名)の事件簿/山本弘

◆本の内容


女子高生・一条(仮名)は名被害者である。必要以上に犯罪に巻き込まれ、危機一髪で生き残る特性を持っている。今日も今日とて、一条(仮名)は狙われる。さらわれる。殺されかける。本書は、そんな一条(仮名)の、ちょっと変わった日常の物語である。



◆感想


 はじめに、本書に関して、とても大事な留意事項を説明しておきます。

 本書は、ミステリーではありません。
 ジャンルはコメディです。

 タイトルに騙されてはいけませんよ。
 ミステリーではないのです。

 少しでもミステリーを期待して読むと、
 途中でゴミ箱に放り投げたくなると思います。

 本書は、ちょっと変わった女子高生・一条(仮名)の
 ちょっと変わった日常を楽しむ本です。
 それ以上でも、それ以下でもありません。

 ご注意ください。

 個人的には良い暇つぶしとして楽しめました。
 ただし、これを他人に薦めるかと言われれば……薦めません。
 良い意味でも良くない意味でもとんがっています。
 突き抜けています。
 ぶっ飛んでいます。
 楽しめる人は力いっぱい楽しめる、
 合わない人はとことん合わない類の作品です。

 手に取るなら、自己責任で、どーぞ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はセンター試験みたいですね。
 雪が降ったりなんだりで大変みたいですが、
 受験生のみなさんが実力を発揮できるように願っております(−人−)

 それにしても、狙ったように寒くなりましたね。
 コタツから出られません(〜_〜)
 トイレに行くのもおっくうな今日この頃です。

スポンサーリンク

タグ:山本弘
posted by ササキマコト at 13:51 | 小説