かがみの孤城/辻村深月

◆本の内容


学校に通えなくなった少女の部屋にある鏡が急に輝きだして、試しに入ってみると、その先は鏡の中にある城の中で、そこには自分と同じような境遇の人が他に6人集められていて、狼の面を被った少女に「"願いの鍵"を探せ。見つけたやつの願いを1つだけ叶えてやる」的なことを言われて、城の中で鍵探しをする……と思わせておいて人間関係があーだこーだな青春ミステリーです。



◆感想


 辻村深月さんの作品は初期のミステリーな作品が好きです。
 ある程度は新作が出る度に追いかけて読んでいたのですが、
 作品がミステリーっぽくなくなってからは徐々に読まなくなりました。

 ……が、妙に評価が高いので試しに読んでみました。

 どれどれ(−−)

 ふむふむ、なるほど。
 評価が高いのも頷けました。

 原点回帰っぽい感じですね。
 方向性としては初期の作品に近く、
 初期の作品よりは、こなれた印象を受けました。
 初期の作品が好きな人でも楽しめると思います。

 面白かった(*´ェ`*)

 欲を言えば、もう少しエピローグを長めに取ってほしかったです。
 一部の人たちの「その後」は書かれていますが、
 できれば全員分読みたかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はお仕事がらみで外出していました。


 疲れたっ(O__)Oパタッ


 ……寝る(O__)O Zzz

スポンサーリンク

タグ:辻村深月
posted by ササキマコト at 18:35 | 小説

Wの悲劇/夏樹静子

◆本の内容


一族が集まった湖畔の別荘にて、当主である与兵衛が孫娘の摩子に刺殺される。摩子は誰からも愛される人物であったため、一族総出で外部犯に見せかける偽装工作をするが……?エラリー・クイーンの名作『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』に挑戦した傑作推理だそうです。



◆感想


 評価が高かったので読んでみたのですが、
 古き良き本格ミステリーでした。

 ぶっちゃけ、私には合わなかったのですが、
 評価が高いのは頷ける内容です。

 後半の展開も見事ですし、
 昔の本格推理物が好きな人は楽しめると思います。

 ちなみに、エラリー・クイーンの『Xの悲劇』とかを意識しているのかな?と思ったら
 作者(エラリー・クイーン)公認だったのですね。
 読み終えてから知りました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は「キリっと頑張るデー」です。
 デキるビジネスマンごっこをします(−−)☆ドヤァ

 私は結構「○○デー」のように決めることが多いのですが、
 テーマを設定するとやる気が出るのですよ。

 「今日は頑張る日だからエネルギーが切れるまで頑張ろう」や
 「今日はグータラする日だから全力でグータラしよう」のように
 「よっしゃ!やったるぞ!(−−)☆」という気分になります。

 良くも悪くも自分の時間の使い方を自分で決められるので、
 油断していると際限なくダラけちゃいますからね。
 メリハリのある生活を送るための生活の知恵です。

スポンサーリンク

タグ:夏樹静子
posted by ササキマコト at 08:05 | 小説

まんがでわかる7つの習慣 Plus/フランクリン・コヴィー・ジャパン、小山鹿梨子

◆本の内容


まんがでわかる7つの習慣』シリーズの続編です。



◆感想


 おっと、見逃してた(−−ゞ

 『まんがでわかる7つの習慣』シリーズは全部読んだつもりだったのですが
 一冊、見落としていました。

 物語自体は続編です。
 『7つの習慣』のエッセンスは「まとめ+α」といったところでしょうか。

 当然といえば当然ですが、前作までの雰囲気は受け継いでいます。
 前作までを楽しめた方なら本作も楽しめると思います。

 舞台がバーなせいか、このシリーズを読むとカクテルが飲みたくなりますね(−−ゞ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近いろいろ頑張っているので
 今日(14日)はリフレッシュデーにすることにしました(−−)☆

 「リフレッシュデー」とかカッコ付けた言い方をしてみましたが、
 要は自分へのご褒美デーです。

 食べます\(−−)/

 飲みます\(−∀−)/

 遊びます\(≧▽≦)/

 うっひょ〜♪ヾ(´∀`)ノ

 ちなみに、私なりのご褒美デーを100%満喫するための工夫は、
 朝一で軽めの作業を終わらせることです。
 そうすると「今日のノルマ達成!」な気分になるので
 罪悪感や不安を感じないでリフレッシュできますよ(−−)b

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 00:54 | ビジネス書