今出川ルヴォワール/円居挽

◆本の内容


殺人容疑で私的裁判・双龍会の被告となったのは御堂達也であった。達也の嫌疑を晴らすため情報を集める瓶賀流は達也の母校・越天学園に向かう。そこで出会ったのは意外な人物であった。さらに、達也が被告の双龍会すら物語の序章で……みたいな話です。『丸太町ルヴォワール』『烏丸ルヴォワール』に続くシリーズ3作目です。



◆感想


 本作も面白かったのですが、個人的には前作までと面白さの質が違いました。

 前作までは謎やトリックなどのミステリー的な面白さを中心に楽しみましたが
 登場人物に対して愛着が湧いてきたせいか、
 本作はキャラ物の小説として楽しめました。

 特に、本作では、1作目から思わせぶりに引っ張ってきた
 主人公の過去が明らかになります。
 「おぉ、待ちに待った情報が開示されたぁ(≧▽≦)」と嬉しかったです。

 ということで、このシリーズは1作目から刊行順に読んであげてください。
 そうしないと面白さが半減すると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ここ数日、ぐっと冷え込んできましたね。

 ベッドから出るのに勇気が要ります。
 コタツから出るのが億劫でなりません。
 お家から出るためには相応の理由が必要です。

 ということで、お家から出る理由がないここ数日は
 常にベッドかコタツのどちらかにいます。

 幸せ(*´ェ`*)

 なお、今日は理由があるので、お外に出ます。
 無性に甘い物が食べたくなったので
 ケーキを買いに行くのです(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 10:02 | 小説

烏丸ルヴォワール/円居挽

◆本の内容


私的裁判・双龍会で仲間たちと戦うことになった瓶賀流は、伝説の龍師「ささめきの山月(さんげつ)」の指示の元、一人の少女と共に過ごすが……?『丸太町ルヴォワール』の続編です。



◆感想


 ストーリー自体は本作単体で独立していますが
 前作『丸太町ルヴォワール』から読むことを強くオススメします。

 話がややこしいので登場人物の関係性を把握した状態で読まないと混乱します。
 それに対して、前作で説明された部分はある程度スルーされているので、
 本作をいきなり読み始めると置いてけぼりになるかもしれません。

 あと、細かい部分で前作のネタバレが含まれています。
 あの人が実はアレだとか。

 ということで、興味を持った方は前作から読んであげてください。

 さて、肝心の感想ですが、本作は前作よりも素直に感じました。
 ……が、それは、あくまで前作と比較しての話です。
 普通に考えれば、本作も、ややこしい事この上なかったです。
 読み終えた後に解説サイトのお世話になりました。

 基本的な路線は前作と同じです。
 前作を楽しめた方なら、きっと本作も楽しめると思います。

 物語の構成上、どうしても説明が不親切に感じる部分や
 状況把握に苦労する部分はありましたけどね。
 そこさえスルーできれば、きっと満足できるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、本日時点で、わわわIT用語辞典の今年の目標を達成しました。
 ばんざーい\(−−)/

 ということで、登録用語数が(多少の水増しはありますが)7,000件に到達しました。
 地道にチマチマ更新していたら、いつの間にか凄い数になってますね(笑)

 ちなみに、はじめて用語を登録したのが2013年の3月なのですが
 今月で70ヶ月目でした。
 月平均100件ペースで用語を追加していることになります。
 何となくキリが良くて、うっきうきです♪

 よく頑張ったなぁ、自分(*´ェ`*)

 そんな感じで自画自賛していますが、実は、まだ道半ばです。
 作り始めたときからの目標として、登録用語数は10,000件を目指しています。

 計画通りに進めば、2023年くらいには達成できる予定です。
 これからも、途中で飽きないように工夫しながら
 チマチマ更新していきます(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 03:12 | 小説

タヌキとキツネ 5/アタモト

◆本の内容


ちょっぴり抜けてる天然タヌキさんとイジワルだけど優しいツンデレなキツネさんのほっこりほのぼの系日常マンガです。シリーズ五作目です。



◆感想


 癒されるわ〜(*´ェ`*)
 疲れた心と頭に染みわたりますね。

 読んでいると、ほっこりして優しい気持ちになれます。
 殺伐とした日常に一服の清涼剤です。

 ……と言うほど殺伐とした日常を送ってるわけでもありませんけどね。
 お仕事が頭脳労働なので脳みそが茹っちゃうのですよ。

 脳みそからプシュープシューと湯気が出ているときに読むと
 最高に癒されます(*´ェ`*)
 大好きなシリーズの1つです。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ年末が近づいてきたので
 今年の年賀状を印刷会社さんに発注しました。

 実は数年前までは自宅で年賀状を印刷していたのですけどね。
 プリンタの維持コストがバカにならないので止めました。

 私は基本的にペーパーレスで活動しているので
 プリンタを使うのって月末に保管用の請求書や領収書を印刷するときと
 年末に年賀状を印刷するときくらいだったのです。

 そうすると使いたいときには大体インクが固まっています。
 実際に印刷するときに消費するインクよりも
 クリーニングで消費するインクの方が多いような状態でした。

 ほんで、数年前にプリンタの調子が悪くなったのを機に、
 プリンタを使わない生活に移行したのです。

 今は、印刷したいときはコンビニのコピー機で印刷しています。
 年賀状もコンビニで印刷できないことはないようなのですが、
 数年前の時点では結構面倒くさそうだったので業者さんにお願いしました。
 その業者さんの使い勝手が良いので今もお世話になっている状況です。

 自営業を始めた当時は、プリンタは必須だと思っていたのですけどね。
 無ければ無いで意外と何とかなってたりします(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:アタモト
posted by ササキマコト at 03:07 | その他