現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング/西野竜太郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ITエンジニアにとって英語は避けて通れない関門です。中でもリーディングは、日本国内で働く場合であっても求められるスキルです。ウェブ上で入手できる技術関連ドキュメントの多くは英語で書かれているからです。しかし、英語に苦手意識を持つITエンジニアは少なくありません。本書は、そのIT英語のリーディングについて解説しています。本書は、長文のサンプルをじっくりと大量に読んで基礎体力を鍛えるというよりも、明日から役立つ技術を短期間で習得できる内容となっています。本書ではまず、リーディングに必要な4つの柱について解説しています。その後、さまざまなドキュメント・タイプ(UI、使用許諾契約、APIリファレンス、仕様書、マニュアルなど)を取り上げ、タイプごとの特徴を説明しています。各タイプの特徴をつかんでおけば、楽に英文を読むことができるようになります。さらには便利なツールや情報収集のテクニックも紹介しています。



◆感想


 英語の資料やマニュアル、リファレンスなどを読むときに
 意識すると良いコツや注目すべきポイントについて書かれていました。

 この本を読んでも英語力自体は上がらない気がしますが、
 知っているかいないかで英語資料を読んだときの理解度は変わってくるはずです。

 IT系のお仕事をしている人で
 「英語は不得意だけど、英語のマニュアルも読まなくちゃな〜」と思っている人は
 読んでみても良いと思います。
 きっと参考にできるところがあるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、首都圏でも緊急事態宣言が解除されるのですか(−−?

 賛否両論あるのでしょうが、個人的には「まぁ、そうだよね」と思っています。

 緊急事態宣言を解除して再び感染者が増えたら
 「解除するなんてアホめ!分かってたことじゃん」と言う人が出るでしょう。

 緊急事態宣言を解除しないで経済がさらに冷え込んでいったら
 「解除しないなんてアホめ!分かってたことじゃん」と言う人が出るはずです。

 どっちにしろ批判は出るし、何が正解かなんて分からない状況で
 「新型コロナでヤバい」と「経済が冷え込んでヤバい」を秤にかけて
 判断したのでしょう。

 まぁ、緊急事態宣言が解除されたところで、
 基本的に夜しか活動していない私の生活には、
 ほとんど影響がないのですけどね。

 ということで、今日も元気に、お昼寝しまっす!

 おやすみなさい(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:西野竜太郎
posted by ササキマコト at 08:28 | 資格・専門書

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。/小林泰三

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


全人類がウイルスに侵され、死ねば誰もが活性化遺体になる世界。家畜ゾンビが施設で管理され、野良ゾンビが徘徊する日常のなか、とある細胞活性化研究者が、密室の中で突然ゾンビ化してしまう。彼はいつ死んだのか?どうやってゾンビになったのか?生者と死者の境目はどこだったのか?騒然とする現場にあらわれたのは、謎の探偵・八つ頭瑠璃。彼女とともに、物語は衝撃の真相が待ち受けるラストへと加速していく。世界もキャラクターもトリックも真相も予測不可!極上のゾンビ×ミステリー、開幕。



◆感想


 (ノ−O−)ノ<おぉぉぉおおお!

 小林泰三さんの作風を全部詰め込んだような一冊でした。

 そこそこグロいし、緊張感に欠けた掛け合いが多いし、
 でもしっかりミステリーになっているしで、
 小林泰三さんの過去作(特に初期の作品?)を楽しめた方なら
 本作もきっと楽しめるはずです。

 一方で、小林泰三さんの作風自体が人を選ぶところはありますけどね。
 スプラッタな意味でそこそこグロいですし、
 シリアスなシーンでも緊張感に欠けた掛け合いが多いしで、
 合わない人はとことん合わないと思います。

 実は私はホラー物ってあまり得意ではないのですけどね。
 なぜか小林泰三さんの作品は楽しく読めます。
 本作も楽しめました。

 ファンなら読んで損はないです。
 小林泰三さんの作品を読んだことがない人は……自己判断でどーぞ(−−)ノ


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は書くことが思い浮かびません
 10分考えても何も思い浮かばなかったので
 潔く諦めることにします。

 それでは、また次回(−−)ノシ

スポンサーリンク

タグ:小林泰三
posted by ササキマコト at 07:41 | 小説

風神の手/道尾秀介

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


彼/彼女らの人生は重なり、つながる。隠された“因果律”の鍵を握るのは、一体誰なのか―章を追うごとに出来事の“意味”が反転しながら結ばれていく。数十年にわたる歳月をミステリーに結晶化した長編小説。



◆感想


 テーマは「風が吹けば桶屋が儲かる」でしょうか。
 連作短編っぽい構成ながら、それぞれの章が複雑に絡み合って
 一つの大きな物語を形作っています。

 基本的には面白く読めたのですが、
 最後の章だけ少し残念……というか
 肩透かしを喰らった気分になりました。

 帯に「各章の登場人物たちが、意外な形で集う」と書いてあったので
 「意外性のある物語の集大成」的なものを想像していたのですが、
 実際にはエピローグ的な話でした。

 これはこれでアリだと思いますけどね。
 「そーゆーことかよ!?Σ( ̄◇ ̄;」となりました。

 そんな感じで読後感はちょっと消化不良気味でしたが
 安定感のある面白さの作品だと思います。

 良い読書タイムでした(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ハンドソープがなくなったので買いに行きました。

 ……が、売り切れていました。

 あっ、なるほど。
 マスクだけじゃなくてハンドソープも品薄なのですか(−−;

 ふと横を見ると、ボディソープが山積みで置いてあります。

 ……(−−)

 手も身体の一部だよね(−−?

 ということでボディソープを買ってきました。

 ネットで調べたら、成分は微妙に違うっぽいですが
 そこまで気にすることはなさそうですね。

 今はフローラルな香りのお手々でキーボードをペチペチしながら
 この記事を書いています。

 体感的にはハンドソープよりもボディソープの方が香りが強い気がするので、
 そこだけご注意ください(−−)b

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 06:08 | 小説