退職刑事 (2)/都筑道夫

◆本の内容


安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。現職刑事の息子が退職刑事の父親に世間話っぽく事件の話をする→退職刑事の父親が事件の真相を推理(妄想)する→現職刑事の息子がその推理に納得する、の展開になっています。基本的な構成は1巻と同じです。強いて違いを挙げれば、事件の語り手が現職刑事の息子以外にも出てきた点でしょうか。



◆感想


 『退職刑事 (1)』が面白かったので読んでみました。
 1巻同様、展開はワンパターンですが、安心して読めました。
 古き良き王道な安楽椅子探偵ものです。

 どの巻から読んでも支障はありませんが、
 まずは1巻を読むのが良いと思います。
 1巻を楽しめた方なら本作も楽しめるはずです。

 このシリーズは取りあえず追いかけてみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、本日『ペルソナ5』の1週目をクリアしました。
 9月中にクリアできて良かった〜(ノ∀`)
 ぶっちゃけ、4には負ける気もするけど、面白かったです(*´ェ`*)

 いろいろと駆け足で進めたので、取りこぼしたイベントもあります。
 少しペースを落としつつ、2周目をやろうと思います。

 まぁ、まずは普段の生活リズムに戻すところからですけどね(−−ゞ
 時期外れの夏休みは、そろそろ終了です(´・ω・`)

スポンサーリンク

タグ:都筑道夫
posted by ササキマコト at 13:30 | 小説

ぶたぶたの本屋さん/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。バレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも声は渋くてダンディなおっさん、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……本屋さん!ですが、カフェも兼ねているオシャレな本屋さんです。そんでもって、ラジオで帯番組を持っていたりもします。短編集です。



◆感想


 最近ぶたぶたさんラッシュが続いていますが、まとめ買いをしたからです。
 ストックは、あと1冊か2冊あります。

 今回のぶたぶたさんは、少しだけ脇役っぽく感じました。
 ぶたぶたさんの周りの人たちが勝手に悩み、勝手に前に進みます。

 それはそれで、ぶたぶたさんっぽいですけどね。
 ご本人もおっしゃっている通り、ドライな方なのでしょう。
 求められれば(ぷにぷにの)手を出す、求められなければ放っておく、
 とても絶妙な距離感を保っていました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、実は近所のスーパーが9/30に閉店します。
 何だかんだで15年くらいお世話になったスーパーです。
 ここ最近は意識的に行くようにしています。

 さすがに閉店が決まると生鮮食品以外は仕入れなくなるのでしょうね。
 少しずつ棚の空いている部分が目立つようになり、
 特設コーナーっぽいところが撤去され、
 今では大分スカスカな状態になりました。

 諸行無常(´−ω−`)

 最終日は激混みしそうな気がするので、
 その前の日くらいに行って何か買ってこようと思います。

 10月から自炊どうしようかな(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 09:56 | 小説

再びのぶたぶた/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。バレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも実は既婚で2人の子持ち、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんは……スピンオフ作品が中心の短編集です。『ぶたぶたの休日』『ぶたぶたのいる場所』『ぶたぶたの食卓』に出てきたあの人たちが登場したり、ぶたぶたさんが懐かしのあの職業で登場したり、ぶたぶたさんの娘っ子が登場したりします。



◆感想


 相変わらず、ぶたぶたさんはほっこりしますねぇ(*´ェ`*)
 とはいえ、今回、個人的に嬉しかったのは、ぶたぶたさんの登場ではありません。
 娘っ子に焦点が当たったことです。

 「豚のぬいぐるみを父に持つ子どもは、どんな子どもなのだろう?」な疑問に
 少しだけですが答えてくれています。
 将来は大物になりそうな娘さんでした。
 今回は妹さんだけでしたが、いつか、お姉さんが主役の話も読みたいなぁ。

 スピンオフとはいっても、本作単体でも十分楽しめます。
 他の作品を知らなくても読むのに支障はありません。

 ただし、知っていると、少しだけニンマリできます。
 もし余裕があれば

 『ぶたぶたの休日
 『ぶたぶたのいる場所
 『ぶたぶたの食卓

 の3冊を先に読んであげてください。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ『ペルソナ5』が終盤の雰囲気を醸し出してきました。
 名残惜しい気もしますし、さっさとクリアしたい気もします。

 結構、駆け足で進めてきたので、もう一周くらいはやるつもりです。
 今度は、のんびりと。

 本当は一周目からじっくりやりたかったのですけどね。
 怖かったのがネタバレです。

 仕事柄、完全にネットを遮断することはできません。
 調べものとか、しないといけないので。

 そんな仕事で必須のネットの世界ですが、
 ゲームのネタバレ情報もゴロゴロ転がっています。

 実際に『真・女神転生IV FINAL』をやっていたときは
 うっかり物語の核になるネタバレを見てしまいました(−A−)
 質問サイトの質問にネタバレ書くなよぉ(つд`)

 まぁ、気になって覗いちゃった私が悪いのですけどね(^^ゞ

 でも、気になって見ちゃうじゃないですか。

 ということで、同じ轍を踏まないように
 9月後半はできるだけ仕事を減らし、ネットへの接続を最小限にして
 ネタバレを見ちゃう前にクリアする方針にしたのです。

 9月中にはエンディングまでいけそうなので、
 10月からはペースを少しずつ戻していきます(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 11:05 | 小説