バビロン 2 ―死―/野崎まど

◆本の内容


バビロン 1 ―女―』の続きです。完全に続き物なので『バビロン 1 ―女―』から読んであげてください。



◆感想


 前作『バビロン 1 ―女―』よりは楽しめました。
 作中の世界観に慣れてきたというのもありますし、
 物語としても「盛り上がってまいりました!(−∀−)」な感じです。

 まぁ、今回も完全に「次回に続く」な感じで終わりましたけどね。
 クライマックス直前な雰囲気は感じていますが、
 ここから更に二転、三転しても不自然ではありません。
 先が読めない展開になってまいりました。

 だからこそ、この作品を手に取ったことを後悔しています。
 何故、完結するまで待てなかったんだ_| ̄|○
 次作は11月に出る予定みたいなので首を長くして待つことにします。

 ちなみに前作と本作を読んだかぎりですが、
 イヤミスからミステリー要素を抜いたような作品です。
 主人公の検事は優秀な人っぽいのですが……もう、ボロボロ(ノ∀`)
 さすがに可哀想になってきましたよ(´−ω−`)
 ここまで不憫に感じる主人公は久しぶりです。
 もう手遅れな気はしますが、最後はハッピーエンド……は無理かもなぁ(−−;
 少しは救いのある結末になるように願っています(−人−;)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、お昼を食べたら、めっちゃ眠くなりました(−−)Zzz・・・
 抗いがたい眠さです(−−)Zzz・・・

 こんなときですね。
 自営業であることのメリットを強く感じるのは。


 おやすみなさい(O__)O ぱたっ

スポンサーリンク

タグ:野崎まど
posted by ササキマコト at 12:47 | 小説

バビロン 1 ―女―/野崎まど

◆本の内容


東京地検特捜部検事の正崎善は、とある事件を追っていた……んだけど、それがもっと大きな陰謀につながっていて、うひょー。しかも、その陰には怪しい女の影が見え隠れして、さらに、うひょー。みたいな話です。完全に続き物のシリーズ1作目ですね。



◆感想


 野崎まどさんが書いたので、それなりに読めますが……。
 個人的に警察ものとか政治ものは得意ではないのですよね。
 漢字ばっかりの単語がいっぱい出てくるので、目が滑るのです。
 本作は、もろに、そんな題材でした。

 しかも!

 完全に続き物でした(−−;
 野崎まどさんの作品は後半の伏線回収や怒涛の大どんでん返しが魅力のひとつですが
 本作は最後まで読んでもスッキリできません。
 いかにも「次回に続く」な感じで終わっています。

 苦手な題材の割りには読めたので次作以降も読みますけどね。
 「完結してから一気に読めば良かったなー」と思っています。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、台風がやってきているみたいですね。
 たまには流行りに乗ってみるかな〜ということで
 コロッケを買いに行くことにしました。

 よく考えたら、ここ数年、自発的にコロッケを食べていないのです(−−ゞ
 外食時に定食とかに添えてあって食べたことはあると思うのですけどね。
 「よし!コロッケを食べよう!」と意識してコロッケを食べた記憶がありません。

 せっかくなので、この機会にバラ色コロッケライフを満喫しようと思います。

 ということで、雨が強くなる前にコロッケ買ってきま〜す(−−)ノシ

スポンサーリンク

タグ:野崎まど
posted by ササキマコト at 08:40 | 小説

賛美せよ、と成功は言った/石持浅海

◆本の内容


予備校時代の仲間の成功を祝う祝賀会にて、突然、参加者の一人が恩師の頭をワインボトルで殴りつけて殺した。その場に居合わせた碓氷優佳は、その出来事に"ある人物"の作為を感じる。優佳は真相を暴くべく行動を開始し……。恩師の死を悼む酒の席にて、優佳と"ある人物"の高度な心理戦が始まった。碓氷優佳シリーズの5作目です。



◆感想


 この本は、シリーズ物です。
 巷では「碓氷優佳シリーズ」とか呼ばれています。
 『扉は閉ざされたまま
 『君の望む死に方
 『彼女が追ってくる
 『わたしたちが少女と呼ばれていた頃
 そして本書と、すべてに碓氷優佳という女性が出てきます。
 ストーリー的な繋がりは薄いので、それぞれの作品単独でも読めますが、
 背景を把握しておいた方が楽しめるはずです。
 できれば刊行順に読んであげてください。
 特に本書は『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』を読んでからの方が
 余計な疑問を感じなくて済みます。

 さて、それでは本作の感想ですが……まず読む前に思いました。
 「この本、薄いなぁ(−−;ぼったくってる気がするなぁ(−−;」って。
 全部で190ページ弱ですからね。
 前作の『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』を読んだときも思いましたが
 これで840円(税別)は、ちょっと高いんじゃないでしょうか。
 このシリーズは全体的にページ数に対する価格設定が強気な気がします。

 中身は面白かったですけどね。

 ページ数の割りにはガッツリしっかり読み応えがありました。
 内容も、ある意味、いつも通りです。
 論理思考のぶつけ合いで心理バトルです。
 碓氷優佳シリーズが好きな人は、きっと本作も満足できるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、雨が続いていますね。
 お洗濯するタイミングが難しくて少し困っています(−−;
 来週も前半は雨が続きそうなので
 諦めて雨でも洗濯した方が良さそうですね(−−ゞ

 残りのパンツの枚数を数えつつ、
 手遅れになる前に洗濯しようと思います。

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 10:21 | 小説