ショートショートの花束3

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 困ったときのショートショートです。
 隙間時間に読めるからサクサク読み進められるし
 感想もあんまり書かなくて済む(書けない)から楽だし重宝しています(笑)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、年末年始に読むための本を
 楽天とかAmazonさんで大人買いしました。

 軽く30冊くらい(*´ェ`*)

 運送会社のお兄さん、ごめんなさい(−人−)
 5回くらいに分けて注文したから
 少しはマシだと思います(−人−)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:03 | 小説

修造部長 もし松岡修造があなたの上司になったら

◆本の内容


彼が訪れた国は気温が上がる。そんな噂があるくらい熱い男・松岡修造が、もしサラリーマンをやったら?松岡修造が友人を助けるために10週間限定で、とある製造会社の営業部長を務めるビジネス小説です。



◆感想


 『課長島耕作』ならぬ「部長松岡修造」ですね。
 ifな世界観のビジネス小説です。
 普通に小説として成立していました。

 ビジネス書的な要素もないわけではありませんが、
 あまりビジネス書と捉えない方が楽しめるはずです。

 「もし松岡修造が一般企業で働いたら、どうなるかね?」な物語を通して
 松岡修造の持つ「熱」を貰えば良いと思います。

 個人的な印象は、松岡修造ファンに向けた二次創さk……ごほごほ(−q−)
 そんな感じです(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、12月も折り返して2017年も残り2週間です!
 今日は年末年始に向けて……楽天とかAmazonさんで
 本を大人買いします(*´ェ`*)

 今年の年末年始は、お家に引きこもって
 読書ざんまいな生活を送ろうかと思っています。

 2017年もそこそこ頑張った自分へのご褒美ですね。
 俺、今年の年末年始もぐーたらするんだっ(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:40 | ビジネス書

AIに負けた夏/土橋真二郎

◆本の内容


失恋したばかりの大学生・秋山明は、AIを介することで成功率が百パーセントの恋愛シミュレーションに参加する。秋山の相手をするのは実在する女性のデータをインプットしたアンドロイドだった。アンドロイドを通じて秋山は彼女と疑似デートを行うが……。甘く切ない恋愛ミステリーです。



◆感想


 おぉ、土橋さんの新境地っぽい作品ですね。
 いままでとは一味違った恋愛ミステリーでした。

 ぶっちゃけミステリーとしては捻りがない感じもしましたが
 収まるべきものが収まるべきところに収まった感じがあり
 「うるっ(T^T)」とさせられました。

 変に読者の裏をかこうとして読み味を台無しにしている作品もありますからね。
 綺麗に進んで綺麗に終わっていたのが、とても良かったです(*´ェ`*)

 ということで全体的に満足度は高かったのですが
 「あとがき」という名の本編がなかったのが少し残念でした。
 土橋さんの作品で一番面白いのは
 世間一般で「あとがき」と呼ばれる作品だと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は頑張る日にしました。
 きりっと、しっかり、やったります(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 10:04 | 小説