マツリカ・マトリョシカ/相沢沙呼

◆本の内容


「開かずの扉」に哀れな柴犬が挑む!マツリカさんの命令で学校の怪談を調査している柴山君は偶然知り合った1年生から「開かずの扉の胡蝶さん」の怪談と、その怪談と関連がありそうな2年前の事件を教えてもらう。さらに、その怪談をなぞるかのように「密室・殺トルソー事件」が発生した。諸々の事情で犯人に仕立てあげられそうになった柴山君は真犯人を見つけるために調査を始めるが……。マツリカ・シリーズ第三弾です。



◆感想


 おぉ、このシリーズは、まだ続いていたのですね。
 久しぶりのマツリカさんシリーズです。

 できればシリーズ1作目から順番に読んであげてください。
 直接的な話の関連性はないので本作単体でも読めないことはありませんが、
 順番に読まないと登場人物の関係性が分からないと思います。
 登場人物同士のつながりや背景を知っていてこそ本当の意味で楽しめる作品です。

 ちなみに著者の相沢沙呼さんは太ももマイスターです。
 本作でも太ももの描写が多く……あれ?控え目になった?

 ……と思ったら全然そんなことはありませんでした。
 太ももに対する愛がガッツリと感じられる内容でした。

 そうだった、そうだった。
 久しぶり過ぎて忘れていたけど、
 この作家さんは、へんt……ごほごほ(−q−)だったんだ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あっという間に月末ですね。
 1月は、うんちゃらかんちゃら。

 のんびり1月を振り返りたいところではあるのですが
 やっぱり、めんどうくs……今日は、ちょっくら予定が詰まっています。

 ということで、今日は、この辺で(−−)ノ

 次回も、また見てね〜(−−)ノシ

 じゃ〜ん

 け〜ん

 ちょき!(−−)v

スポンサーリンク

タグ:相沢沙呼
posted by ササキマコト at 08:23 | 小説

アポロンの嘲笑/中山七里

◆本の内容


よりにもよって東日本大震災の直後、護送中の殺人犯が逃亡した。刑事の仁科はそれを追うが、徐々に不穏な影が見え隠れし……。逃亡した殺人犯はどこかを目指す。一体、彼の目的地はどこなのか?そして、その先に待つものは?!みたいな話です。警察小説です。



◆感想


 クソつまらない!

 ……という程ではありませんが、あまり面白くなk……ごほごほ(−q−)
 あくまで私個人の感想ですけどね。

 中山七里さんの作品はどんでん返しなミステリーなのが好きで読んでいるのですが
 どんでん返しもなければミステリーっぽくもありませんでした。
 普通に「震災直後の原発を舞台にした警察小説」と捉えていれば楽しめたでしょうが
 ミステリーを期待していたので肩透かしを喰らいました。

 そもそも私、警察小説って、あまり好きじゃないし(−。−)ぼそっ

 ということで、個人的にはイマイチでした。

 あと、震災とか原発とかが題材なので、
 そこら辺がアレな人は、ご注意ください。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ふと気付けば1月も終わりそうです。

 はえーよ(−−;

 ま、まぁ、それだけ充実していたということですよね(^^;
 目をつぶって思い返せば……(−−)


 ……(−−)


 (−−)Zzz・・・

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 12:46 | 小説

ショートショートの花束6

◆本の内容


しょーとしょーと。



◆感想


 まとまった読書タイムが取れなかったので
 ショートショートでお茶を濁しておきます。

 ごめん(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は寒かったですね。

 私が住んでいるアパートも給湯器と外にある水道が凍結しました。
 朝、お風呂に入ろうと思って蛇口をひねったところ
 お水は出てくるのですがお湯が出てこなかったのです。
 慌ててインターネットで調べたところ「凍結だね、それは」と書いてありました。

 どーすれば、いいんだー!<( ̄◇ ̄;)>

 とりあえずTwitterで「水道 凍結」で検索したところ
 同じような状況になっている人が多数いました。

 よし、仲間がいっぱいだ(−−)☆

 状況は何も変わりませんが何となく安心したので
 ベッドにもぐりこんで二度寝しました。
 これは夢だ、きっと夢なんだ(−−)Zzz・・・

 起きたら、直っていました(*´ェ`*)
 あー、良かった♪

 ……と油断したのがいけなかったのでしょうか。

 今朝も凍結していました(−−;

 どーすれバインダー!<( ̄◇ ̄)> ←2度目なので少し余裕がある

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:43 | 小説