検索刑事(デカ)/竹内謙礼

◆本の内容


「『羽毛布団』のキーワードを使って、6カ月以内にグーグルの検索結果で1位を取りなさい。さもなくば、もう一人天誅を下す」SEO会社の社長が殺された事件を捜査中の警察に一通の脅迫状が届いた。おそらく殺人事件の犯人と同じ人物からのものであろう。特命を受けた京丸菜々子は『羽毛布団』のキーワードで検索結果1位を目指すが……?小説を通してSEOについて学ぼうな本です。



◆感想


 SEOに関する基本的な内容は網羅されていると思います。
 「SEOって何?」な人が最初の一冊として読んでみるには悪くないでしょう。

 ただし、小説としては面白くなk……ごほごほ(−q−;)

 私自身はSEOの必要性に疑問を感じている立場なので
 内容には同意できないこともありましたけどね。
 著者の方も、そこは理解された上で書いているようでした。

 私が本書で一番共感できた部分は「あとがき」でした。
 特に共感できた部分を引用させていただきます。

 ----- 引用ここから -----

 SEOは専門家や業者によって、言っていることがバラバラになることも、
 理解しておいたほうがいいでしょう。
 その人の持っているノウハウや情報が違うだけではなく、
 考え方やポリシーが違うだけで、
 解説するノウハウが180度変わる場合があります。

 ----- 引用ここまで -----

 素直に「大事なことを書いてるな〜」と思いました。

 SEOの正解は、実は公開されていません。
 正解の一部はGoogleの人が「これをやると良いよ」と教えてくれていますけどね。
 どうすれば1位を取れるかは誰にも分からないのです。

 ということで、みんな「これが正解だろう!」と「思われる」ことをやっています。
 その内容が人によって違うのです。

 「人によって言ってることがバラバラだよ!」と書ける時点で
 私は「この著者の方はSEOが分かってる人なんだろうな〜」と思いました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくら、この前、私の食生活を憐れんだ人から
 海産物のわたなべさんの飛魚だしをいただきました。
 これですφ(−−)

 

 これがヤバかったです。
 お湯を入れるだけで高級すまし汁になるし
 卵かけご飯の醤油代わりに使えば高級卵かけご飯になるしで
 私の食卓が一気に高級料亭の雰囲気を醸し出しました\(−−)/

 ごめん、少し見栄張った(−−)ノ
 「高級料亭の雰囲気」は言いすぎでした。

 でも、美味しかったのは本当です。
 かなり濃縮されていて想像以上に塩気が強いので
 使う前に一舐めした方が良いとは思いますけどね。

 「面倒くさいのはイヤ(−A−)」な私が
 思わず自分でも注文しちゃうくらいには
 「やるじゃん!こいつ!」な一品でした。

スポンサーリンク

タグ:竹内謙礼
posted by ササキマコト at 10:09 | ビジネス書

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥/大沼紀子

◆本の内容


まよパンシリーズ完結編です。エピローグ的な位置付けの話でした。登場人物それぞれの「その後」が描かれています。



◆感想


 Amazonさんの評価はイマイチでしたが、個人的には楽しめました。
 本作を「完結編」や「最終巻」と捉えると確かにイマイチかもしれません。
 「後日談」と捉えると楽しめると思います。

 本作を読んで思ったのですが、まよパンの物語は前作で完結しています。
 おそらくシリーズ一番の盛り上がりどころは前作の最後の部分でしょう。
 本作は

 スピンオフ
   +
 シリーズ内で語りきれなかったことの補完

 という印象を受けました。

 あと、何よりも、きちんとシリーズが完結したことに
 私はとても高い評価をしています。

 いろいろな大人の事情もあるのでしょうが、
 シリーズ作品が途中で投げだされちゃうと
 その作家さんの他のシリーズ物が買いにくくなっちゃうのですよね。
 「これも途中で止まるのでは?」と心配になります。

 ということで、きちんと完結もしたし
 個人的には大満足なシリーズでした(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日、今日とセンター試験の話題で盛り上がっていますね。
 ムーミンの出身地なんかは私も知りません(^^;
 自分が試験を受けているときに出たら
 「ムキー!(>へ<)」ってなると思います。

 まぁ、社会人になると知識を問う試験は減ってきますけどね。
 「知っている」ことも大事ですが、
 それ以上に「考える」ことが大事になってきます。
 ハッキリした正解のない問題も少なくありません。

 だから、まぁ、あまり結果にこだわり過ぎないことも大事です。

 そりゃーもちろん悪い結果より良い結果の方が良いですけどね。
 結果の良し悪しを気にする前に、なにはともあれ
 頑張った自分を褒めてあげてください。

 そうしないと自分がやる気をなくします。
 自分がやる気をなくすと頑張ってくれなくなります。

 うまく自分を褒めてあげるのが
 モチベーションを維持するコツの1つです(−−)b

 特に自分が褒められて伸びるタイプだと思っている人は
 ガンガンに自分を褒めると良いですよ。
 「豚もおだてりゃ木に登る」と言いますからね。
 まずは自分で自分を騙すのですっ(−−)σ びしっ!

 私も自画自賛することでモチベーションを上げています。
 今日もほれぼれするような良い記事が書けました( ̄ー+ ̄)

スポンサーリンク

タグ:大沼紀子
posted by ササキマコト at 11:49 | 小説

ぶたぶたの花束/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。外見はバレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも中身は花が好きな心優しいナイスミドル、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……花屋さんの店長「とか」です!今回のぶたぶたさんは、ボディガードからテディベアを作る人まで、いろいろな職業で登場します。愛くるしくも頼りになるぶたぶたさんの活躍をご堪能ください。



◆感想


 ぬいぐるみのくせに頼りになる。
 可愛らしい外見のくせに中身はおっさん。
 相変わらずなぶたぶたさんに癒されました(*´ェ`*)

 今回のぶたぶたさんは、料理に関係ない職業が多かったせいか
 いつもより食べ物に関する描写が控え目だったように思えます。
 読んでいても、あまり、お腹は空きませんでした。

 その分、バラに関する描写が多かったですけどね。
 「花より団子」な私でも、ちょっと興味が湧くくらいにはバラ推しでした。

 でもなー。

 ぶたぶたさんは、やっぱり料理なんだよなー。

 そんな贅沢な不満を感じつつ、楽しく読みました。
 ぶたぶたさんは難しいことを考えないで楽しめるから好きです。
 癒しですね、癒し。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は世の中の人から少しだけ出遅れてしまいました。
 もう少しストレートに表現すると……

 寝坊しました(−−)b

 幸か不幸か今日は外出する予定がなかったのですね。
 よって……

 二度寝しました(−−)b

 清々しい朝……ではないけど、清々しい目覚めです。
 身体中に力がみなぎっています。
 これは、もう夜まで寝なくても活動できる勢いです。

 さぁ!今日も一日、頑張るぜ!


 ……と自分に言い聞かせてテンションを上げています。
 本当は寝すぎて眠いです(つ_`)

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 11:01 | 小説