RE;SET>学園シミュレーション 1万4327度目のボクは、1度目のキミに恋をする。/土橋真二郎

◆本の内容


超精密な演算によってこれから起こる出来事すらも正確に再現してしまう学園シミュレーション仮想世界を利用してあーだこーだしていた主人公が自分が死ぬ未来を知ってしまい、その未来を回避するために女子の好感度を上げたりあーだこーだするけど、あーだこーだがあーだこーだになる物語です。



◆感想


 良くも悪くも、いつも通りの土橋さんの作品でした。
 舞台設定が凝っていますね。
 ギャルゲーとSFの融合が見事です。

 一方で、オチは個人的にイマイチでした。
 言わんとすることは分かるのですが、
 もう少しスッキリする結末が欲しかったかな、と。
 特に「誰が主人公を殺すのか?」は最初からずっと気になっていたので
 少しだけ肩透かしを喰らった気分になりました。

 まぁ「あとがき」という名の本編は相変わらず素敵でしたけどね。
 レシートの美味しい店が分かって有意義でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は三連休だったのですね。
 土曜日にジャンプが売っているので気付きました。

 それはさておき、少し身体が疲れ気味のようです。

 めっちゃ眠くてですね(−−)Zzz・・

 昨日は19時頃に寝たのですが、起きたら8時半でした。
 13時間半も寝ちまったい(−−ゞ

 まぁ、年を取ると長く寝てられなくなると言いますからね。
 まだまだ若いという証拠ですな(−−)☆

 そうやって自分を持ちあげつつ、今日も一日乗り切ろうと思います。

 眠い(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:39 | 小説

【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」/高田ゲンキ

◆本の内容


フリーランスになった著者の体験談と知見がマンガで語られています。



◆感想


 マンガなので、サクサク読めました。

 これからフリーランスになろうとしている人は
 「一例」として読んでみても良いかもしれません。
 フリーランスな生活の雰囲気は感じられると思います。

 既にフリーランスとして活躍している人は……どうでしょうね(−−?
 学びという観点で見ると微妙です。
 「そんなの知ってるよ」ということばかりかもしれません。
 共感できる部分は多々あると思いますけどね。
 私も読んでいて「あー、あるある(^^;」となりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて……(−−)


 さて…………(−−)


 さて………………(−−)


 困りました。
 ビックリするくらい書くことが思い浮かびません。
 食べ物ネタもジャンプネタも思い浮かばないのです(−−ゞ

 まぁ、そんな日もありますよね。

 ということで、今日は日記を書くのを諦めます。

 おやすみなさいませ(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:高田ゲンキ
posted by ササキマコト at 01:55 | その他

5分で読める! ひと駅ストーリー 本の物語

◆本の内容


その名の通り「本」がテーマのショートショートアンソロジーです。



◆感想


 アンソロジーの常ではあるのですが玉石混交です。
 個人的には「本に閉じ込められた男」と「六法全書は語る」が好みでした。

 まぁ、ショートショートですからね。
 いまいちなのはサクっと読み流せば良いのです。
 多少、読み飛ばしたところで(ページ数が少ないので)
 そこまで損した気分にはなりません。

 ……と言っておいてなんですが、
 爽やか系な作品が好きな人は避けた方が良いかもしれません。
 結構、後味の良くない話が多かったりします。

 ブラック系が好きな人は楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、コタツを出したのに暖かい日々が続いています。

 こんちくしょう!(−A−)

 ……と思わなくもないですが、広い心で許しましょう。
 備えあれば憂いなしです。

 コタツといえば、最近はコタツで寝ていないことに気付きました。

 大学時代はベッドがパイプベッドで寝心地がイマイチだったので
 ぬくぬくできるコタツで寝ていたのです。

 社会人になってからは(お高い)ベッドを買ったので
 ベッドで寝る機会も増えたのですが……。

 20代の頃は結構お仕事が忙しくてですね。
 終電とかでお家に帰ってくるのですが、へろへろになっているわけです。
 その状態でガッツリ寝てしまうと次の日に起きられないので、
 熟睡しないようにあえてコタツで寝ていました。

 30代になってから……というか、自営でやるようになってから
 コタツで寝る機会が激減しました。
 いくらでも寝坊できるので(−∀−)

 ちょっと懐かしくなったので、今日は久しぶりにコタツで……寝ようかと思いましたが
 それで風邪でも引いたら笑えないので素直に(お高い)ベッドで寝ます(−−)Zzz・・

 なお「お高い」は、あくまで私の感覚です。
 実際には普通のお値段だと思います。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:24 | 小説