5秒後に意外な結末 アポロンの黄色い太陽 (5分後に意外な結末)/桃戸ハル、usi

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


感動すら覚える驚愕の結末!!×100連発。クセになるノンストップビジュアルショートノベルス!



◆感想


 お久しぶりのショート・ショートです。

 このシリーズは結構、好きです。
 対象年齢が中学生くらいなので、読みやすいですし、
 オチもハッキリ分かる作品が多かったりします。

 作業の間の気分転換に有効活用させていただきました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、いよいよ明日に迫りました。
 10月31日は『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の発売日です。

 待ちに待ったぞー!\(≧▽≦)/

 というわけで、明日からは1週間くらいゲーム三昧の日々を送ります。
 何人たりとも邪魔はさせません。
 メールも電話も全部スルーします。
 断固たる決意ってやつです。

 あと、うっかりネタバレしちゃうのが怖いので、
 1回クリアするまではインターネットも控え目にするつもりです。

 それに伴い、このブログの更新も一時的にストップします。
 そうですね。
 ちょうど1週間ということで11月7日までにしましょうか。
 次のブログ更新は11月7日(木)ということにします(−−)ノ

 その間は音信不通になりますが、
 (多分)生きているので心配しないでください。

 よーし!やるぞー!\(≧▽≦)/

 うっひょー!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

タグ:usi 桃戸ハル
posted by ササキマコト at 14:30 | 小説

自殺予定日/秋吉理香子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「美しく強かな継母が父を殺した」再婚してわずか一年半足らずで父が急死。遺産とビジネスを受け継ぎ活躍する継母の姿にそう確信した女子高生の瑠璃。自らの死で継母の罪を告発しようと訪れた自殺の名所で“幽霊”の少年と出会い、ある約束をする。六日後―それが瑠璃の自殺予定日となった。瑠璃は父の無念を晴らせるのか?!すべての予想を裏切るノンストップ・ミステリ!



◆感想


 これは……中々に悩ましいですね。

 読後感とか良かったところとかを書こうとすると、
 それがそのままネタバレになってしまいます(−−;

 ……(−−)

 面白かったです(−−)ノ

 もう少しだけ頑張って書くと、わりと展開があっさりしていますし、
 ご都合主義に感じるところも少しありましたが、
 きちんと伏線が回収されたりもして納得の行く終わり方でした。
 個人的にはモヤモヤ感が残らなかったので満足しています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は少し頭が、ぼーっとしています。

 ぶっちゃけ、眠い(−−)Zzz・・

 二度寝しても良いのですが、せっかく起きたのでね。
 コーヒーでも飲んで、デキるビジネスマンごっこをしようと思います(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:秋吉理香子
posted by ササキマコト at 08:18 | 小説

マンガでわかる孫子の兵法/福田晃一

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


世界中のリーダーが愛読する『孫子の兵法』が、「敵に勝つ」ために必要なことを教えてくれる!全13篇の兵法をマンガで順番にストーリー化+本文でビジネス応用解説→セリフに隠された兵法の真髄がよりよく理解できる!身近なビジネスシーンでの具体例、偉人の歴史の例を豊富に掲載→勝つための考え方を日常ですぐに応用できる!



◆感想


 ビジネスは戦争だ!……と思っているわけではありませんが
 孫子の兵法に興味があったので読んでみました。

 マンガ+解説な構成です。
 もちろん、これ一冊で全てを理解できるわけではありませんが、
 取っ掛かりとして読むには良いと思います。

 少しマンガ系で自分の脳みそを慣らしたら
 活字の本にもチャレンジしてみようと思います。

 ちなみにですが『孫子の兵法』という本があるわけではありません。
 あるけど。(どっちだよ)

 大元の兵法書の名称は『孫子』です。
 その『孫子』を解説している本の中には『孫子の兵法』という題名の本もあります。

 ですから、みなさんが「孫子の兵法」と言われて思い浮かべる内容は
 実際には『孫子』に書かれている内容だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、10月も残り一週間を切りました。

 つまり『ペルソナ5ザ・ロイヤル』が発売するまで
 残り一週間を切ったということです。

 心置きなくゲーム三昧の日々を送るためにも、
 残り一週間弱、追込みモードで頑張りまっす(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:福田晃一
posted by ササキマコト at 12:49 | ビジネス書