こげぱん―北海道ぶらり旅日記/たかはしみき

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


お絵かきエッセイ超拡大。北海道おもしろ旅エッセイが充実内容で盛りだくさん!今回の4コママンガは、こげぱんたちが北の国から笑いをお届け!「こげぱん通信」→Q&Aコーナー、こげぱん用語解説、新商品紹介など、こげファン必見の情報満載。



◆感想


 こげぱんです(O_O)
 やさぐれていても良い仕事をしていました。

 北海道は函館だけ行ったことがあるのですよ。
 やきとり弁当とか、やきとり弁当とか、やきとり弁当とかがお気に入りです。

 当然ですが、北海道の魅力は、やきとり弁当だけではありませんね。
 本書を読んで、函館以外にも行ってみたくなりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は部屋の模様替えをします。

 そうです。

 コタツさんの登場です。

 例年であれば9月の上旬には登場していましたからね。
 今年はかなり遅めの登場です。

 コタツを出すときは、ついでに部屋の掃除をして、
 さらについでに部屋の模様替えをするのが恒例です。

 ということで、今日は私の部屋を冬仕様に変えます(−−)☆

 俺、この仕事が終わったらコタツでアイスを食べるんだっ。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:11 | その他

シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎/円居挽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


剣峰成は退屈していた。都内屈指の進学校にもかかわらず、クラスメイトは凡庸な生徒ばかり。目指す高みには到底たどり着けそうにない…。そんな成の前に現れた少女、太刀杜からん。彼女との出会いをきっかけに、成は鷹司高校の真の姿を目の当たりにする。論理と論理をぶつけ合う学園裁判。殺人と暗号。連続密室爆破事件と犯人。若き才能が放つ、青春×本格ミステリの新機軸。



◆感想


 同じ著者の『丸太町ルヴォワール』シリーズが好みだったので読んでみました。

 ふむふむ(−−)

 微妙に既視感はありましたが、面白かったです。

 一応ミステリーではありますが、そこに拘らない方が良いでしょう。
 学園物でキャラ物で青春物ですね。

 タイトルの「シャーロック」は気にしない方が良い気がします。
 探偵と関係があるというだけでホームズさんは出てきません。

 あと、主人公が俺TUEEE系(だけど最強というほどではない)です。
 そこが鼻につかなければ楽しめると思います。

 系統は、某・古典部シリーズと似ているように感じました。
 重厚感のある話が好きな人はイマイチに感じるかもしれません。
 ライトノベルっぽいのが大丈夫な人は楽しめると思います。

 シリーズ化されて続編が出ているようなので、
 機会を見つけて読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、10月も半分が過ぎましたね。
 折り返しです。

 以前から宣言している通り、2019年は10月で店じまいです。
 というか、11月はゲーム(ペルソナ5ザ・ロイヤル)をやります。

 心置きなくゲーム三昧の日々を送るためにも
 あと2週間、頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 06:27 | 小説

Rのつく月には気をつけよう 賢者のグラス/石持浅海

◆本の内容


Rのつく月には気をつけよう』の続編です。



◆感想


 前作から実に12年ぶりですか。
 まさか続編が出るとは思いませんでした。
 嬉しい誤算です(*´ェ`*)

 気になった人は是非、前作の『Rのつく月には気をつけよう』から
 読んであげてください。
 本作には、微妙に前作のネタバレが入っています。
 刊行順に読んだ方が楽しめると思います。

 さて、前作を踏まえた上での本作の感想ですが、面白かったです(*´ェ`*)
 ……が、どこが面白かったかを言うと壮大なネタバレになってしまうので
 ヤメておきます。

 前作と同じノリなので、前作を楽しめた方は本作も楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、台風が通り過ぎましたね。
 私は元気に生きています。
 我が家も(何とか?)飛ばされることなく無事でした。

 ということで今回の台風について感想でも書こうと思ったのですが
 いろいろと被害に遭われた方もいるでしょうから止めておきます。

 みなさんが早く日常生活に戻れますように(−人−)

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 09:01 | 小説