ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 3)/藤子・F・不二雄、ジャレックス

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


3月22日発売の第1巻、5月31日の第2巻に続くシリーズ第3巻目。「のび太の恐竜」を始め、ドラえもんのゆかいな作品を英語で楽しめます。英語文のふき出しの外に日本語訳があるので英語学習にとても役立ちます。



◆感想


 英語に触れる機会を意識的に増やしているので読んでみました。
 ドラえもん好きだし(*´ェ`*)

 対訳つきなのでストレスなく読めました。
 こうやって少しずつ英語に触れる機会を増やして、
 なんとなく英語の文章を読めるようになろうと思います。

 ちなみに私は、高校受験のときの日本史を
 『まんがでわかる日本の歴史』で勉強した人です。

 嫌々やって完全に止めちゃうよりは、例え効果が薄いやり方でも、
 ストレスなく続けられる方がお得だと思っています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、上でも書いた通り、英語に触れる機会を増やしているのですが、
 最近は『わわわIT用語辞典』をGoogleさんで翻訳して読むのが
 マイブームになっています。

 やり方は難しくありません。

 まず、Googleさんの言語の設定とか国の設定を
 「English」とか「United Kingdom」とかにするのですね。
 そうすると検索結果に「Translate this page」みたいなリンクが
 出てくるようになります。

 あとは適当に『わわわIT用語辞典』のページが検索結果に出るように検索して
 「Translate this page」のリンクをポチっと押すだけです。

 そうすると、私が書いた日本語のページが
 Googleさんによって英語に翻訳されて表示されます。

 これを読むのですが……なんと!
 英語なのに書いてある内容がバッチリ把握できるのです\(−−)/

 そりゃーそうですよね。
 元の日本語の文章は私が書いたのですから。
 書いてある内容は最初から把握しています。

 そんな状態で読むので、英語をスラスラ読めている気分が味わえますし
 「へー、この言い回しは英語だとこうなるのか」とか分かりやすいですし、
 (IT系の文章なので)ITに特化した英単語がガンガン出てくるので
 この先、英語の技術書を読むときとかに役立ちそうだしで
 「勉強してるぜ!身についてるぜ!」感が、かなりあります。

 ということで英語を勉強中で趣味のブログとかをやっている人は
 自分のブログを英訳して読んでみるのも良いと思いますよ。
 結構、楽しいです。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:49 | その他

職場、好きですか?/眉村卓

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


会社という場所には、ときに不可思議な人たちがいて、奇妙なできごとが起こる。美人で優秀な女友達が入社試験に落ちた理由、頼りになる先輩OLが隠していたこと、停滞恐怖症の男が過ごす夏期休暇。もしかしたらあなたの周囲にもあるかもしれない、ごく普通の日常の中に埋もれている非日常の世界を描いたSFショートショート集。



◆感想


 会社が舞台のショートショート集です。
 一見すると普通の日常ですが……。

 独特の空気感があり、好きな人は好きだと思います。
 個人的には、もう少し分かりやすいオチが付いている作品の方が好きですが、
 ちょいちょい好みの話もありました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は、ちょっくら頑張っています(−−)☆
 ガッツリ大きなことをやっているわけではないのですけどね。
 チマチマした部分を地道にやっています。
 例えば『わわわIT用語辞典』の用語説明に用語の英語表記を追加したりです。
 ひとつひとつは、ちょっとした作業なのですが、数が多いので結構、大変(−−ゞ

 それはともかくですね。
 最終系のピヨピヨカレーが美味い(−q−)じゅるり
 鳥・豚・牛のうまみが凝縮され、ニンニクの香りと野菜の味わいが混然一体となって
 うんちゃらかんちゃら。










 そろそろカレーに飽きてきました(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:眉村卓
posted by ササキマコト at 03:07 | 小説

座敷童子の代理人3/仁科裕貴

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


遠野が美しい雪化粧に包まれる季節、平穏な「迷家荘」に新たな珍客登場!?旅館の見習い番頭として働く緒方司貴の前に“座敷童子コンビ”の過去を知るという“女の子の座敷童子”が現れ―。ひと悶着を起こす座敷童子少女・律のほか、半妖のさとり少女、好々爺のぬらりひょんなど、遠野の旅館には問題ありの妖怪や人間とともに、相も変わらず笑いや涙も集まってしまうようで…。そんな中、妖怪たちが持ち込む無理難題で司貴&童子の関係にヒビが?どうするどうなる座敷童子コンビ!?



◆感想


 シリーズ第三作目です。
 だいぶ、登場人物が増えてきました。
 できれば刊行順に読んであげてください。
 人間関係の相関図が頭に入ってないと少し読むのが大変かもしれません。

 前作までが楽しめた方なら本作も楽しめるはずです。
 ミステリー的な要素もあり、人情もの的な要素もあり、
 ラブコメ?的な要素もあ……るのかな?やっぱり、ないかな?であり、
 のんびり楽しめます。

 個人的には当たり外れを気にしないで安心して読めるシリーズです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、11月も最終週に入りました。
 きっと、あっという間に年末になり、
 あっという間に来年になるのでしょうね。

 それはともかく、熟成されたカレーが美味い(−q−)じゅるり

スポンサーリンク

タグ:仁科裕貴
posted by ササキマコト at 13:52 | 小説