奴隷の哲学者エピクテトス 人生の授業 ――この生きづらい世の中で「よく生きる」ために/荻野弘之、かおり&ゆかり

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


奴隷が奴隷でありながら、いかに真の自由を手にするか―。異色の古代哲学者から学ぶ「不惑」の生き方・考え方。



◆感想


 人生に疲れているわけではありませんが、
 マンガが付いていたので読んでみました。

 4コママンガと原文と解説な構成ですが、
 4コママンガをパラパラ見るだけでも雰囲気をつかめます。

 マンガ部分だけでも言いたいことの上っ面は分かるので
 難しい話が苦手な人でも読めなくはないはずです。

 私はエピクテトスさんが誰か知らないまま読みましたが、楽しめました。
 ある程度は内容も理解できたと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、久しぶりに脳みそを使いました。

 ……と書くと、普段は何も考えていないみたいですね。
 脳みその「普段は使わない部分」を使いました。

 当たり前の話ですが、頭脳労働をやりまくると脳みそが疲れますね。
 脳みそが疲れていると、普段は10分でできる作業が30分はかかります。

 ということは、ですよ。

 疲れた脳みそで無理やり頑張って30分やっても、
 20分休憩して元気な脳みそに戻してから10分でやっても
 結果は同じということです。

 ということで、休憩も積極的に計画に入れていきたいと思います(−−)☆

 新型コロナの影響でリモートワークをする人が増えているようですが、
 自宅作業の難しい点として

 1.集中するのが大変
 2.やめ時が難しい

 があります。

 1は分かりますよね。
 マンガやテレビがある環境で仕事をするのです。
 誘惑に負ける人も多々いるでしょう。

 2は分かりますかね。
 自宅作業の良い点でもあるのですが、強制終了がないのです。
 「終電がなくなるから帰ろう」「ビルが閉まるから帰らなくっちゃ」
 「みんなでランチに行くから中断しよう」みたいなのがなくなります。
 もし1人暮らしであれば、気が向くままにいくらでも続けられます。
 その結果、能率が落ちてることに気付かないまま
 作業を続けてしまうことになりかねないのです。

 同じ成果であれば、働く時間は短い方が嬉しいですよね?

 自宅作業を始めたばかりのワーカーホリック気味の人は
 「休憩も仕事の一環」と捉えて計画的に休憩を入れてくださいませ(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:45 | その他

英語対訳で読む日本の歴史/中西康裕、Gregory Patton

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


かつて、ここまで平易な英語で書かれた日本史の本があったでしょうか?日本史の専門家である中西先生と小・中学校で子どもたちに英語を教えているグリゴリー先生が強力なタッグを組んで、みなさんに英語の楽しさと日本史の面白さを、ダブルでお届けします。



◆感想


 今年のキャッチフレーズは「いんぐりっしゅ2020」ですからね。
 英語に触れる機会を増やす目的で読んでみました。

 私でも分かる単語が多く、比較的読みやすかったです。
 対訳付きなので分からなくてもすぐにカンニングできる点も良かったです。

 さらに歴史の勉強にもなって一石二鳥でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あれやこれやしていたら、こんな時間になってしまいました。
 完全に昼夜逆転しています(−−ゞ

 明日(28日)は午前10時から歯医者さんなので
 なんとか朝型に戻さないといけないのですけどね。

 どうしても無理そうだったら、徹夜で歯医者さんに行って、
 歯石取りタイムのときに仮眠を取ることにします(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 03:43 | その他

外資系エリートのシンプルな伝え方/澤円

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


シンプルであれば4つのメリットが手に入る。「大事なことが明らかになる」「誰でも気づける」「多くの人に伝えてもらえる」「どんな人にも等しく伝わる」どのようにシンプルにするか、どうすれば本質が伝わるのか。本書では、そのポイントを突き詰めた。日本人エンジニア初の「Chairman’s Award」、日本マイクロソフト名物マネジャーが伝授するメール・チャット・会話・プレゼンの新技術。



◆感想


 著者の澤円さんはプレゼンがスゴい人です。
 そのプレゼンに対する考え方が『わわわIT用語辞典』に活かせないかな〜と思ったので
 読んでみました。

 さて、どんな内容かな(−−)

 どちらかといえば仕事におけるライフハック的なものが中心でした。
 メールとチャットに関するところは「あんまり……」でしたが
 それ以外の部分は「ふむふむ、なるほどね」でした。

 これはこれで有意義でしたが、個人的には
 『マイクロソフト伝説マネジャーの世界1プレゼン術』とか
 『あたりまえを疑え。自己実現できる働き方のヒント』の方が好みです。
 後者の2冊の方がプレゼンに特化した内容だからだと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙にお疲れ気味です(−−ゞ

 新型コロナはもちろん、普通の風邪でも何気に困るので、
 今日は早めに寝ようと思います。

 それでは、おやすみなさいませ(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:澤円
posted by ササキマコト at 16:48 | ビジネス書