火のないところに煙は/芦沢央

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」突然の依頼に、作家の「私」は、かつての凄惨な体験を振り返る。解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。「私」は、事件を小説として発表することで情報を集めようとするが―。予測不可能な展開とどんでん返しの波状攻撃にあなたも必ず騙される。一気読み不可避、寝不足必至!!読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリ!



◆感想


 「ミステリーっぽいホラー」と表現するべきか
 「ホラーっぽいミステリー」と表現するべきか悩ましい作品でした。
 ミステリーとホラーが良い感じに融合しています。

 さらに!

 作中作のような構成になっていて、あれやこれやがあれやこれやで、
 自分が物語の登場人物になったかのように錯覚できる工夫がなされていました。

 「こわいよ〜、こわいよ〜」な本格系ホラーが好きな人は
 微妙かもしれません。
 そこまでガッツリとしたホラーではありません。

 反対に、すべての謎が解明されないと我慢できないミステリー好きも
 もやもやした思いが残ると思います。
 半分はホラーなので、最後まで明かされない謎(?)もあります。

 私はホラー系があまり得意ではない(怖くないので面白いと感じない)のですが、
 本作は良い感じに楽しめました。
 ちょっと背中が寒くなる感がありつつ、
 ミステリー的な面白さがあったからだと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、10月に入ってから、ちょぼちょぼと外出の予定が入ってきています。
 久しぶり(半年ぶりくらいかな?)に電車に乗る機会もありそうです。

 お家でペチペチやるのも、それはそれで楽なのですけどね。
 たまには外に出て社会人っぽい振りをするのも良い気分転換になりそうです。

 ということで、何気に外出するのが楽しみだったりします(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:芦沢央
posted by ササキマコト at 16:11 | 小説

新装版「分かりやすい表現」の技術 意図を正しく伝えるための16のルール/藤沢晃治

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


分かりにくいビジネスメール→【犯人! 】重みづけの欠如
右か左か迷わせる交通標識→【犯人! 】複数解釈ができてしまう
庶民には理解不能な法律条文→【犯人! 】親切心の欠如
初心者にはチンプンカンプンのマニュアル→【犯人! 】受け手のプロフィールの未定義
何が言いたいのか分からない上司の話→【犯人! 】受け手の熱意の読み違い……etc

世の中にあふれる「分かりにくい表現」の犯人をつきとめ、「表現の達人」になれる16の極意



◆感想


 タイトルから「文章の書き方の本かな?」と思って買ったのですが
 良い意味で予想を裏切られました。

 「分かるとは何ぞや?」「分かりやすいとは何ぞや?」の分析から
 分かりにくい表現になってしまっている原因や
 分かりやすい表現にするためのポイントまで、
 いろいろ書かれていました。

 ジャンル問わず人に何かを伝える機会がある人は
 1回読んでおいた方が良いと思います。
 例えば、お仕事で送るメールなんかを書く際にも
 参考にできる内容でした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日あれやこれやと頑張ったので
 今日は燃え尽きています(−−)Zzz・・

 グータラするぞぉ!\(≧д≦)/

 冷静に考えると

 昨日の頑張り:150%
 今日の頑張り:0%

 だったら

 昨日の頑張り:75%
 今日の頑張り:75%

 と同じ成果ですけどね。

 いーのです(−−)

 メリハリをつけることが人生を楽しむコツのひとつです。

 ということで、グータラするぞぉ!\(≧д≦)/

 大事な事なので二回言いました。

スポンサーリンク

タグ:藤沢晃治
posted by ササキマコト at 11:02 | ビジネス書

祈りのカルテ/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


諏訪野良太は、純正会医科大学附属病院の研修医。初期臨床研修中で、内科、外科、小児科、産婦人科など、様々な科を回っている。ある夜、睡眠薬を大量にのんだ女性が救急搬送されてきた。その腕には、別れた夫の名前が火傷で刻まれていた。離婚して以来、睡眠薬の過剰摂取を繰り返しているという。しかし良太は、女性の態度に違和感を覚える。彼女はなぜ、毎月5日に退院できるよう入院するのか…。(「彼女が瞳を閉じる理由」)初期の胃がんの内視鏡手術を拒否する老人、循環器内科に入院中の我が侭な女優…。驚くほど個性に満ちた患者たちとその心の謎を、新米医師、良太はどう解き明かすのか。ふと気づけば泣いていた。連作医療ミステリ。



◆感想


 くっ、泣かせにきやがって……(−−;

 病院が舞台の連作短編ミステリーです。
 基本的には、全編

 1.患者が奇妙な行動をとる
 2.その意味に研修医の主人公が気付く

 な流れになっています。

 医療ものではありますが、難しくはありません。
 ド素人の私でもストレスなく読み進められました。

 設定や物語の内容は完全に違いますが、
 雰囲気としては『優しい死神の飼い方』に近いですかね。
 素直な心で読めば、ほっこり、しんみりできると思います。

 特に最終話は……(つд`)・°・。
 優しくも切ないお話でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、9月は保険や税金、サーバ代などの支払いがなく、
 1ヶ月の出費の額が本当に普通に暮らした分の金額でした。

 ふむふむ、なるほど。
 私の1ヶ月の生活費は、これくらいなのですね(−−)

 ……大学生かよっ(ノ∀`)

 友達とご飯を食べたりするときは
 お金に糸目をつけない派なのですけどね。

 新型コロナ以降、そーゆー場がないので、
 豪快にお金を使う機会がなかったりします(´−ω−`)

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 14:52 | 小説