午後の恐竜/星新一

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


現代社会に突然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か?集団幻覚か?それとも立体テレビの放映でも始まったのか?―地球の運命をシニカルに描く表題作。ティーチング・マシンになった教育ママ、体中に極彩色の模様ができた前衛芸術家、核爆弾になった大臣―偏執と狂気の世界をユーモラスに描く『狂的体質』。ほかに、『戦う人』『契約時代』『理想的販売法』『幸運のベル』など全11編。



◆感想


 面白かったです!

 以上!

 ※今日は予定が立て込んでいるので手抜きです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は天気が良いですね!
 清々しい朝です!

 以上!

 ※今日は予定が立て込んでいるので手抜きです。

スポンサーリンク

タグ:星新一
posted by ササキマコト at 09:04 | 小説

ニャン氏の事件簿/松尾由美

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


アルバイトをしながら、自分を見つめ直している佐多くんは、あるお屋敷で、突然やってきた一匹の猫とその秘書だという男に出会う。実業家のA・ニャンと紹介されたその猫が、過去に屋敷で起こった変死事件を解き明かす?!って、ニャーニャー鳴くのを通訳しているようだが本当?次々と不思議な出来事とニャン氏に出くわす青年の姿を描いた連作ミステリ。文庫オリジナルだニャ。



◆感想


 新しいといえば新しいですね。
 人語を「話さない」猫が探偵の物語です。

 「別に犬でも、いいのでは?」とか突っ込むのは野暮でしょう。
 そこら辺は華麗にスルーすることにします。

 感想としては、良くも悪くも、あまり引っかかりませんでした。
 「ふんがー!(ノ#−−)ノ^◇」となるほどの粗は感じません。
 一方で「こっ!これは!(☆_☆)」となるほどのインパクトも感じませんでした。

 傑作を求める人には向かないかもしれませんが、
 まったり読むには良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、明日は10時から歯医者さんの定期検診(健診?)です。
 そのため、朝型にするべく頑張っています(つ_−)

 数日前までは午後に起きて朝方に寝る生活を送っていましたからね。
 時差ボケを調整している気分です。

 幸い、今日は何とか午前中に起きられました。
 明日は、10時の歯医者さんに間に合う時間に起きられるように
 頑張りまっす(−−)☆

 ……ダメそうだったら徹夜だな(−。−;)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:松尾由美
posted by ササキマコト at 16:09 | 小説

≠の殺人/石崎幸二

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


沖縄本島沖の孤島―水波照島にあるヒラモリ電器の保養所で開かれたクリスマスパーティー。大手企業の御曹司・平森英一が主催するとあって、会には有名スポーツ選手や俳優などの豪華な招待客が名を連ねていた。そんな宴の夜、惨劇が!人気プロ野球選手、井沢健司が無残な死体となり発見されたのだ。その後、連鎖し起こる不可能殺人。事件の背後にある深い闇に迫る。絶海の孤島に住む双子の姉妹、断崖の上の怪しげな建造物、連続殺人事件勃発率99.9…%。オヤジギャグを愛す女子高生コンビ(ミリア&ユリ)が難事件に挑む。



◆感想


 しばらくご無沙汰していたシリーズです。
 読み始めてすぐに「あー、そうだ、そうだ。こんなだった(笑)」となりました。

 掛け合い漫才的な会話部分が本シリーズの一番の特徴ですかね。
 この会話部分を楽しめるかどうかで作品に対する印象が大きく変わります。

 とはいえ、何気にちゃんとミステリーしているのですよね。

 個人的には楽しめました。
 機会があれば、シリーズの他の作品も読んでみます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、11月が始まりました。

 やる気の神様は、まだ元気があるようです。

 やる気の神様が力尽きるまでは、
 このまま突っ走ろうと思います(−−)☆

 ちなみに私は「キリッ(−−)☆」な時期と
 「ぐでー(O__)OZzz・・」な時期が交互に来るタイプです。

 今は「キリッ(−−)☆」な時期っぽいのですが、
 多分そのうち「ぐでー(O__)OZzz・・」な時期になります。

 「ぐでー(O__)OZzz・・」な時期が来るまでに
 どこまで前に進めるかが勝負所です(笑)

スポンサーリンク

タグ:石崎幸二
posted by ササキマコト at 06:19 | 小説