3分で読める! コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語/『このミステリーがすごい!』編集部

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


コーヒーを片手に読みたい、喫茶店にまつわるショートショート・アンソロジー。“チーム・バチスタ”シリーズの田口先生が喫茶店を開く?「『愚痴喫茶』顛末記」海堂尊。喫茶店で大好きな彼に別れ話を切り出される「フレンチプレスといくつかの嘘」岡崎琢磨。誰もが試したことがあるのでは?あのおみくじ器が主役の「おみくじ器の予言」佐藤青南など。3分で心揺さぶられる物語、25作品を収録。



◆感想


 コーヒーブレイクに読みました。
 サクっと読めて良かったです。

 最近は電車に乗っていないので電車の待ち時間で読むことはなくなりましたが、
 脳みそが疲れたときの気分転換にはショートショートが良い感じです。

 毎回、同じことを書いている気もしますが、
 作業合間の気分転換に役立ってくれました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、株主優待でいただいた乾麺の讃岐うどんが
 なかなか減りません(−−;
 美味しいのですが、飽きちゃうのですよね。

 あれって1包装が2〜3人前くらいあるじゃないですか。
 再包装が面倒くさいので、私は開けたら全部茹でちゃいます。

 そして、一気に全部食べます。
 やっぱり美味しいのは出来立てだからです。

 そして、飽きます。
 別に無理して食べているわけではないので
 最後まで美味しく食べられるのですけどね。
 食べ終えて、ちょっと時間が経つと
 「しばらく、うどんはいいかな(−−;」という気分になるのです。

 そんなこんなで、なかなか減りません(−−;

 ちなみに(−−)b

 ソーメンでも同じことになっています(ノ∀`)

 讃岐うどんは残り4袋くらいになりましたが、
 ソーメンは20袋くらい残っています(−−;

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 07:35 | 小説

ブルシット・ジョブの謎 クソどうでもいい仕事はなぜ増えるか/酒井隆史

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


誰も見ない書類をひたすら作成するだけの仕事、無意味な仕事を増やすだけの上司、偉い人の虚栄心を満たすためだけの秘書、嘘を嘘で塗り固めた広告、価値がないとわかっている商品を広める広報……私たちはなぜ「クソどうでもいい仕事(ブルシット・ジョブ)」に苦しみ続けるのか? なぜブルシット・ジョブは増え続けるのか? なぜブルシット・ジョブは高給で、社会的価値の高い仕事ほど報酬が低いのか? 世界的ベストセラー、デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』の訳者による本格講義!



◆感想


 あまり読みやすくはなかったです。
 読んでいて、ちょいちょい目が滑りました。

 でも、内容は興味深かったです。
 クソな仕事に苦しまされることは
 業種に関係なく「あるある」だと思います。
 自分の中で深掘りできれば、有意義な発見がありそうです。

 ただ、あまりピンとは来ませんでした。
 理論に終始している印象を受けたといいますか
 「ほんで結局、どうすれば良いのよ?」という疑問が残りました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、6月にちょっとまとまった休みを取ろうと思っているので
 パソコンぺちぺちを頑張っています。

 私は自営業なので、1日休みを取る場合は、
 その1日分の生活費を他の日に稼がないといけません。
 その帳尻合わせのために頑張っています。

 まぁ、実際には、そこまで生活が逼迫しているわけではありませんけどね。
 私は自分に甘い上に、叱ってくれる人が誰もいないので、
 ぐーたら生活を始めたら際限なくぐーたらしそうで怖いのです。
 おそらく年単位で、食う、寝る、遊ぶ、な生活になっちゃいます。

 ということで、休みを取るなら、その休みの日にやれたはずの分を
 他の日に上乗せしてやるという自分ルールにしています。

 結構、良い相乗効果が生まれるのでオススメですよ。

 頑張る日は休みを励みにして頑張れます。
 頑張り切れないまま休みに突入しちゃうと心から楽しめないので
 何気に必死です。

 一方、休みの日は力いっぱいバカンスを満喫できます。
 次の日から再び頑張るために、きっちりリフレッシュする必要がありますからね。
 休みではありますが、考えようによっては仕事の一環です。
 自営業にありがちな「休むのが不安(休むのが怖い)」とか
 「休んでも心から楽しめない」とかがなくなります。

 ということで、6月の休みを心から満喫するために
 もうひと頑張りしま〜す(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:酒井隆史
posted by ササキマコト at 03:57 | ビジネス書

出向役員野島、決断する ~「器量」のリーダー、「度量」のリーダー~/鈴木孝博

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


順風な会社人生のはずだった野島丈太郎は子会社への出向を命じられる。形だけは役員になったものの、その担当はお荷物の不採算部門。思いがけない出来事に遭遇しながらもメンバーに溶け込み再建を進めていくが、親会社との権力争いから秘密裏に進む分離独立策に巻き込まれていって・・・。翻弄され葛藤しつつも、自分なりのリーダー像を見出し道を切りひらいていく、痛快なお仕事ドラマ。



◆感想


 私は今まで社内政治的なものに縁がなかったので
 どの程度のリアリティがあるのかは分かりませんが、面白かったです。
 「うわー、面倒くさそー(−A−)」と思いながら他人事で楽しめました。

 まぁ、フィクションだから楽しめたのですけどね。
 実際に野島さんの立場だったらイライラしっぱなしな気がします(−公−)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はパソコンぺちぺちを頑張るデーです。
 日がな一日パソコンさんをぺちぺちします。

 そんな感じ(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:鈴木孝博
posted by ササキマコト at 05:18 | 小説