飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る/ぱやぱやくん

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


本作では、私が陸上自衛隊で教わった、さまざまなお役立ちネタについて紹介してみました。昨今は暗いニュースが多く、「備えあれば憂いなし」という言葉が身にしみる世の中ですので、本書を読まれて、クスっと笑えて心が少しでも明るくなれたならば嬉しいです。(「おわりに」より)



◆感想


 Amazonか何かのランキングで1位だったので読んでみました。

 表紙の印象から自衛隊ならではの独自ノウハウが知れるかと期待したのですが、
 どちらかというと自衛隊経験者である著者の人生訓が中心でした。

 もちろん自衛隊での教えや経験を通して学んだことが下地にあるので、
 自衛隊の雰囲気やノウハウも感じられますけどね。
 ちょっとだけ期待していた方向性とは違いました。

 とはいえ、心の疲れを軽減できる考え方や心が疲れたときの対処法は
 参考にできます。
 メンタル弱めな方や心がお疲れ気味の方は読んでみても良いと思います。

 ……と言いたいところなのですが、物騒な話題にも普通に触れていて、
 心配性な人は余計不安になりそうな気もしました。

 全体としては、どんな人に何を読ませてどんな気持ちにさせたいのか
 いまいち分からなかったです。

 ちなみに個人的には後半にある「愛すべき陸上自衛隊」の日常風景が
 普通に笑えて面白かったです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は歯医者さんの定期健診でした(−皿−)☆
 やってくださったのは新人さんっぽい方で、
 ぶっちゃけドキドキしたのですが、滞りなく終わりました。
 ふぅ(−−A

 次は一ヵ月後です。

 そのときまで新人さんが元気に頑張ってくれていることを願います(−人−)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:23 | その他

魔法少女ダービーII/土橋真二郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


バッドエンドを回避するため、ノゾミが用意した二周目の世界。ここでホノカがやるべきことは二つ。一つは、母である高坂花翠と、父・椎名月人の仲を深め、自分の生まれる未来を確定させること。もう一つは、この世界に潜伏する、前回の黒幕を探し出し、消し去ること。バグは形を変え、日常に潜んでいる……。一周目のアドバンテージを生かし、しばし平穏な日常を甘受するホノカ。懐かしい母との再会、そして変わらない父の存在。だが、些細なズレから物語はレールを外れ、軋みを上げ始め、そして少女を全く知らない結末へと導いていく――。予測不可能。疾走の第二レース、開始。



◆感想


 『魔法少女ダービー』の続編です。
 完全に続き物なので、興味を持たれた方は前作から読んであげてください。

 土橋真二郎さんの作品といえば、
 シリーズ物は大体が2、3作で終わります。
 しかも物語が完結して終わるわけではなく、
 続きそうな雰囲気がプンプン感じられる状態で続きが出ないのです。
 大人の世界って厳しいですね(=_=)

 ところがどっこい、本シリーズは完結します!
 きちんと風呂敷が畳まれ、物語の区切りがつきました。
 素晴らしい\(−−)/

 中身も面白かったですしね。
 私的には満足度が高かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は予定が盛りだくさんです。
 油断していると一瞬で過ぎ去ってしまいそうなので気を付けます。

 とりあえず、やらなくちゃいけないことはササっと終わらせて
 予定を満喫しまっす(−−)☆

 まずは明日!

 歯医者さんの定期健診です(−皿−)☆
 うっかり忘れそうなので、気を付けます(−−;

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 07:06 | 小説

コンピュータ&プログラミング キャラ図鑑: 楽しくわかる!やってみたくなる!/石戸奈々子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


コンピュータやプログラミングの基本要素を大胆にキャラクター化して紹介!コンピュータの中ってどうなっているの?AIって何? Society5.0って何?プログラミングって何ができるの? プログラミング言語のちがいって?…そんな疑問に、キャラクターたちが登場するまんがと、やさしい解説でこたえていきます。これからのAI時代に必須のICTの基礎知識が、キャラクターでぐっと身近になり、プログラミングに関して知識ゼロでも、やってみたいかも!と思える1冊です。



◆感想


 「子ども向けだからサクっと読めるかな?」と思ったら、
 思っていたよりも読み応えがありました。
 難しくはありませんけどね。
 絵本のようにパラパラと流し読める感じではなく、
 ちゃんと文章を読む本です。

 私も一応専門家という立場ではあるので
 「エラーとバグは同じものじゃないよ(−−)」のように
 ツッコミたくなるところも多少ありましたが
 全体としては楽しめました。

 コンピュータ関連の予備知識がない子ども(あるいは大人)でも
 「コンピュータとは何ぞや?」や「プログラミングって何するの?」について
 雰囲気は感じられるはずです。

 子どもが読む最初の一冊としては良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はパソコンぺちぺちを頑張ります。

 ただ、昼夜逆転している上に深夜のお散歩をしてきたので
 今は夜の22時くらいな気分です。
 ということで、まずは、ご飯を食べて仮眠します(−−)Zzz・・

 起きたら頑張るじぇいっ!(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:石戸奈々子
posted by ササキマコト at 05:35 | 資格・専門書