社員参謀! ―人と組織をつくる実践ストーリー/荻阪哲雄

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ある晴れた日、グローバル企業「コーティング・ワールド社」高機能材料事業部長の姿晋介は、副社長室で、グループのM&A戦略で合併した関連会社「ディベロプメント・ジャパン(DJ社)」へ出向を命じられる。会社の誰もが、6月の株主総会で役員昇進と期待していただけに、まさに晴天の霹靂だった。失意の底に落ちた晋介だったが、あることをきっかけに、パートナーの本城恵美、援助者の高杉正人の支援を得ながら、「新しい組織開発の実践」へ、DJ社で「草の根リーダーシップ」を広げる手立てを打つ。そして、2社の組織文化を活かし新たな価値を創造する道を、DJ社で働く社員と共に歩み始める。宿命のライバルであるDJ社社長・檜垣真吾との心の葛藤を乗り越えていく晋介。トップ・リーダーが変わるとは何か?新しい組織開発の実践は、働く人々にとって、いかなる意味を持つのか?リーダーの言葉が社員に届く、組織文化が変わる実践の姿をリアルに描く。



◆感想


 物語形式っぽいので読んでみました。
 ……が、私には合いませんでした。

 私が組織で働いていないからかもしれませんが、
 読んでいて、あまりピンと来なかったです。
 組織に属する人が読めば、違った感想になるのかもしれません。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は頭が痛くて丸一日寝ていました。
 これから、また寝ます。
 おやすみなさいませ(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:荻阪哲雄
posted by ササキマコト at 22:36 | ビジネス書

死神と天使の円舞曲/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


『優しい死神の飼い方』『黒猫の小夜曲(セレナーデ)』に続く、7年ぶりのシリーズ最新刊です。動物の姿を借りて人々を導いてきた死神のレオ&クロが、今作では力を合わせて事件を解決。著者にしか描けない、謎と感動に満ちたクライマックスは圧巻!



◆感想


 シリーズ3作目です。
 本作では、1作目の主人公のレオと2作目の主人公のクロが『共闘』します。
 ここまでのシリーズの集大成のような話です。
 できれば刊行順に読んであげてください。
 その方が楽しめるはずです。

 私は過去作を読んでいたので十分に楽しめました。
 ストーリーももちろん面白かったですけどね。
 主人公2匹のキャラが好きです。
 高位存在のくせに仮初の姿(犬、猫)にも愛着と誇りを持っていて
 相手をこき下ろすのが面白いです。
 何気にお互いツンデレなんだよなぁ(^m^)ププッ


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は3連休だったのですね。
 昨日、知りました(−−;

 ちなみに、寝て起きたら夕方になっていました。
 これで私の3連休1日目は、ほぼ終了です(^^;

 明日は何かしようかなぁ(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 17:22 | 小説

ハロー・グッドバイ 東京バンドワゴン/小路幸也

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


田町家が取り壊され増谷家・会沢家として生まれ変わろうとするなか、ついに〈かふぇ あさん〉の夜営業が始まる。見慣れないお客さんとともに、不思議な事件も舞い込み……。そして、藍子とマードックのイギリス生活にも大きな転機が。さまざまな変化や試みに、堀田家は「LOVE」を胸に挑んでいく。



◆感想


 随分まったりした感じになりましたね。
 特に大きな事件が起きるわけでもなく、
 まさしく「堀田家の日常」といった雰囲気でした。

 シリーズを追いかけている人だったら楽しめると思います。
 本作単体としての盛り上がり具合は微妙でした。

 登場人物も多いですし、それぞれの関係性を把握していないと楽しめません。
 興味を持たれた方はシリーズ一作目から読むことをオススメします。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、暑いですね(〜_〜)
 今日は雨なので暑さ自体はマシですが、
 湿度が高く、蒸し焼きにされている気分です。
 地味に体力が削られている気がする(−−;

 ということで、困ったときのハーゲンダッツです。
 最近はアイスを食べながらブラックコーヒーを飲むのにハマっています。

 うま〜(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:小路幸也
posted by ササキマコト at 16:15 | 小説