ぶたぶたのお引っ越し/矢崎存美

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


リタイア後、田舎に移住したいという夫と考えが合わず悩む成実の前に、移住のアドバイザーとして登場したのは――(「あこがれの人」)。家賃の安い「告知事項あり物件」に引っ越すことになった詠斗は、挨拶に訪れた隣の部屋で、衝撃の出会いを果たす――(「告知事項あり」)。お引っ越しによる、出会いと別れ。その節目に、不思議なぬいぐるみと出会ったら。心震える3編を収録。



◆感想


 今回は、ぶたぶたさんよりも周りの人の描写が中心で、
 ぶたぶたさんの活躍(?)は控えめでしたが、
 ほっこりした気持ちになれました。

 ぶたぶたシリーズは、物語に起伏があるわけではないのですが、
 軽く読めて優しい気持ちになれるので大好きです。
 優しい物語が好きな人は楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、やる気の神様が遊びに来てくださいました。
 ということで、パソコンぺちぺち頑張るデーにします。

 やったりまっす!p(−−)q

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 14:03 | 小説

賢さをつくる 頭はよくなる。よくなりたければ。/谷川祐基

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


思考とは具体と抽象の往復運動である。賢さはセレクトできる!独習で東大現役合格する人の思考法。



◆感想


 「具体化と抽象化」という視点で
 頭の良さについて論じている本です。

 個人的には頷ける部分が多かったです。
 自分でも何となく思っていることを言語化してくれているように感じました。

 これを読めば賢くなれるか?と聞かれたら微妙な気もしますが、
 自分なりに何かを発見する助けにはできる気がします。

 ぶっちゃけ、なんで買ったのかもよく覚えていないのですが、
 楽しく読めました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は書くことがありません。
 5分考えたのですが何も思い浮かびませんでした。

 ギブアップ\(−−)/

スポンサーリンク

タグ:谷川祐基
posted by ササキマコト at 14:43 | ビジネス書

medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙呼

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。



◆感想


 期待を超えてきました!

 実は最初の数ページを読んで「もしかして?」と思ったことがあってですね。
 それを念頭に置いて読んでいたら……やっぱりでした。
 私の予想はバッチリ当たっていました。

 「ですよね〜(−∀−)」とニヤニヤしていたら……えっ!?; ̄Д ̄)
 私の予想は当たった上で、さらにその一段上を行かれた感じです。
 やられたー!(≧▽≦)

 ということで、大満足の読書タイムになりました。

 あと、相変わらず太ももがお好きみたいで、ちょっと安心しました。
 そーいえば、そーゆー作家さんでしたね(笑)


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ここ一週間ほど、のんびり過ごしました。
 そろそろ頑張るモードに切り替えないとな〜と思っています。

 ねむっ(−−)Zzz・・

 とりあえず、アイスを食べて、目を覚まします。

スポンサーリンク

タグ:相沢沙呼
posted by ササキマコト at 14:52 | 小説