鳥人計画/東野圭吾

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる本格スポーツ・ミステリー!日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人は彼のコーチであることが判明。一体、彼がどうして? 一見単純に見えた殺人事件の背後に隠された、驚くべき「計画」 とは!?



◆感想


 そこそこ荒唐無稽な印象を受けましたが、
 話自体は面白かったです。

 何だかんだで一気読みできたのは
 「さすがは東野さん」といったところでしょうか。

 良い読書タイムになりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は三連休なのですね。
 しかも、ジャンプが土曜日発売みたいです。

 今日は外出しないつもりでしたが予定変更です。
 ジャンプを買いに行ってきます(−−)☆

 ……お外に出るの面倒くさいなぁ(−−;

スポンサーリンク

タグ:東野圭吾
posted by ササキマコト at 14:21 | 小説

短編少年/伊坂幸太郎、あさのあつこ、佐川光晴、朝井リョウ、柳広司、奥田英朗、山崎ナオコーラ、小川糸、石田衣良

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


人気作家陣が「少年」をキーワードに紡いだ短編作品9本を収録したアンソロジー。家族や友人との関係に悩む繊細な心情や、背伸びするいじらしさなど、少年の魅力がぎゅっと詰まった1冊。(解説/壇蜜)
【収録作品】
「逆ソクラテス」 伊坂幸太郎
「下野原光一くんについて 」あさのあつこ
「四本のラケット」 佐川光晴
「ひからない蛍」 朝井リョウ
「すーぱー・すたじあむ」 柳広司
「夏のアルバム」 奥田英朗
「正直な子ども」 山崎ナオコーラ
「僕の太陽 」小川糸
「跳ぶ少年」 石田衣良



◆感想


 「少年」縛りのアンソロジーです。
 知っている作家さんが多かったので読んでみました。

 どの作家さんもそれぞれの個性が出ていて面白かったですが、
 個人的に気に入ったのは伊坂幸太郎さんの「逆ソクラテス」です。
 何となく展開は分かりましたが、優しい気持ちになれました(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、みなさん、そろそろ正月休みは終わりでしょうか。
 私は今日を「一息つくデー」にします(*´ェ`*)

 一月中旬までは今のペースでパソコンをペチペチつもりですけどね。
 ちょっと息切れしそうなので一休み入れます。

 今日の午後は、のんびりするぞー!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 13:24 | 小説

アカネヒメ物語/村山早紀

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ある日はるひは、風早の西公園で不思議な女の子と出会う。ちょっとだけ偉そうなその子は、古い桜の木をよりしろにする、土地の神様アカネヒメだった。魔法の力を使えても、まだ幼い神ゆえに、誰の目にも見えず声も聞こえない、ひとりぼっちだった神様とはるひは友達になった――。あの懐かしい、ささやかな奇跡の物語がついに文庫化。書下し「人魚姫の夏」を収録。



◆感想


 元々は児童文学らしいですね。
 ほっこり優しい気持ちになれました。

 そんな感じ(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、新年早々、頑張っている人が多いですね。
 もちろん普段に比べたら少ないのですが、
 『わわわIT用語辞典』を見てくださっている方が
 そこそこいます。

 「自分も負けていられないな(−−ゞ」という気分になりました。
 とりあえず正月三が日の間は頑張りまっす!(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:村山早紀
posted by ササキマコト at 06:40 | 小説