マンガでよくわかる もしアドラーが上司だったら/小倉広

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


本書は、仕事や人間関係に悩む多くの方々からご支持いただいた『もしアドラーが上司だったら』のマンガ版です。マンガの主人公は、大手IT企業の営業マンとして働く結城リョウさん。結果を出している同期に比べて、いまいち成績が振るわず、差を付けられてしまっています。この状況を打開したいと思っているものの、どうすればよいかわからず、将来の不安が募るばかり…。そこへ、アメリカのグループ会社から役員として、エドワード・テイラーさんが、リョウさんの会社に出向してきます。エドワードさんは「アドラー心理学」をマスターした人で、ふとしたことからリョウさんと仲良くなります。リョウさんは、師匠のエドワードさんを通じてアドラー心理学を学び、それを日々の仕事で実践し始めたところ、自分の営業成績や、職場の雰囲気に徐々に変化が−−。



◆感想


 マンガだったので読んでみました。
 マンガだったので読みやすかったです。
 アドラーさん要素をつまみ食いするには良いと思います。

 それにしても、アドラーさんの話は、ちょいちょいマンガになっていますね。
 何気に私が読むアドラーさん関連のマンガは4冊目です。
 それだけ読めば、さすがに少しは頭に残るようになってきました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ドタバタしています。
 ……が、モチベーションが下がってきました。
 やる気が売り切れ状態です(−−)

 ということで、今日はピザでも食べながらマンガを読んで、
 ひたすらグータラ過ごすことにします。

 ……とか言いつつ、今日の分のノルマは終わらせたのですけどね(−−)☆

 今日の残りはのんびりして、明日からまた本気出しまっす(−−)ノ


タグ:小倉広
posted by ササキマコト at 04:25 | ビジネス書

まんがでわかる 人生を成功に導く「しくじり」のススメ/郭樟吾

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


この本では、しくじりとどのように向き合えばよいのか、しくじりからどう学べばよいのかをまんがでわかりやすく紹介していきます。新人医師、清川あやかが脳外科医、郭樟吾に導かれて成長していく姿に、人生を成功に導くヒントが詰まっています。



◆感想


 マンガだったので読んでみました。
 「失敗しよう!」ではなく「失敗してもドンマイ!」ですね。
 失敗を恐れて尻込みする方が実際に失敗するより損失が大きいですし、
 失敗から何かを学べれば、それでオッケーです。
 そんな気持ちになれました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ドタバタしています。
 それに伴い、時間の使い方が、いつも以上にシビアになっています。

 そんな感じ(−−)ノ


タグ:郭樟吾
posted by ササキマコト at 23:38 | ビジネス書

差別化戦略で 小が大に勝てる ーまんがでわかる ランチェスター理論を経営・営業に活かす方法/坂上仁志

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


弱者は理念、戦略、実行力(徹底力)が必要!競争戦略のバイブル「ランチェスター理論」のコツをまんがでわかりやすく!



◆感想


 マンガだったので読んでみました。
 ビジネスにおけるランチェスター戦略に興味がある人は
 読んでみても良いと思います。
 雰囲気くらいは感じ取れます。

 そんな感じ(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、9月に入りましたね。
 ちょっくら

 てんやヾ(−−;ヾ)

 わんや(ノ;−−)ノ

 しています。

 2023年の終盤は引っ越しとか新作ゲームとかでドタバタする予定です。
 そのための時間を捻出するために、
 9月は予定詰め詰めで頑張りまっすp(−−)q


 ……頑張るのに飽きるまでね(−。−)ぼそっ


タグ:坂上仁志
posted by ササキマコト at 20:49 | ビジネス書