きみのお金は誰のため: ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」/田内学

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ある大雨の日、中学2 年生の優斗は、ひょんなことで知り合った投資銀行勤務の七海とともに、謎めいた屋敷へと入っていく。そこにはボスと呼ばれる大富豪が住んでおり、「この建物の本当の価値がわかる人に屋敷をわたす」と告げられる。その日からボスによる「お金の正体」と「社会のしくみ」についての講義が始まる 。



◆感想


 本屋さんで見かけて、物語形式っぽいので読んでみました。
 「ちょっと微妙かな(−−ゞ」と思う部分もありましたが、
 全体としては面白く読めました。

 お金の本質について分かりやすく説明してくれている本です。
 「お金って大事だよね!」と思う人は読んでみても良いと思います。
 お金には価値がないらしいですよ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、引っ越しを機に家電をいろいろ買い替えました。
 20年以上使っていた電気ポットも買い替えたのですが、
 新しく買ったやつは入れたお湯の量を表示してくれる機能がついていたのです。
 ほえー、ハイテクですね。

 せっかくなので、インスタントのカフェオレを飲むときに、
 説明書きに書いてある量(160ml)をキッチリ測って入れてみました。
 ちなみに、いつもは目分量というかマグカップの縁ギリギリまでお湯を入れています。

 結果(−−)b

 いつも入れている量の半分くらいでした(−−;
 160mlって、こんなに少なかったのか。。

 どうやら私が使っているマグカップは300mlくらい入るみたいです。
 160ml用の粉を300mlのお湯で割っていたということは
 だいぶ薄めに作っちゃっていたのですね。

 ……(−−)

 別に良いかな、美味しく飲めているし(−−ゞ

 ということで、引き続き、160ml用の粉を300mlのお湯で割る生活が続きます。

スポンサーリンク

タグ:田内学
posted by ササキマコト at 21:21 | ビジネス書

おあとがよろしいようで/喜多川泰

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


大学進学を機に群馬から上京したばかりの門田暖平は一人、新品のこたつを亀の甲羅のように背負い佇んでいた。配送料が払えず自力で下宿に持ち帰ろうと思ったが、帰宅ラッシュで電車に乗り込むことができない……。途方にくれる暖平の前に、一台のワゴンが停まる。乗っていたのは、入学式当日、構内で落語を演っていた落語研究会の部長・忽那碧だった。落研に誘われるが、金もなく、コミュニケーションにも自信がなく、四年間バイト生活をして過ごすつもりだと語る暖平。「必要なのは扇子一本。あとは座布団さえあればどこでもできる」という碧の言葉に背中を押され、暖平の人生が大きく動き出すーー。



◆感想


 良かったです。
 含蓄に富んだセリフが多く、いろいろ考えさせられました。

 日常にモヤモヤを抱えている人は、本書を読むことで
 ちょっと前向きな気持ちになれると思います。

 あと「おあとがよろしいようで」の意味をはじめて知りました。
 へー、そんな意味だったんだ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、忘年会の予定がなくなりました(つд`)・°・。

 ということで、2023年の予定は全部終了しました。
 自由だー\(≧▽≦)/

 11月の残り数日は少しのんびり過ごして、
 12月からは2024年の準備を始めます。
 今年は赤字確定なので来年は頑張ります(−−;

スポンサーリンク

タグ:喜多川泰
posted by ササキマコト at 18:08 | 小説

ラストで君は「まさか! 」と言う 夏の物語/PHP研究所

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


サイダーみたいにシュワシュワ弾ける「夏」のお話をあなたに。人気シリーズ第14弾!3分後に衝撃のラスト!夏に読みたいショートストーリー



◆感想


 ショートショートです。
 (夏の物語なので)季節外れですが、どーんまいっ。

 いつも通り、作業合間の気分転換に役立ってくれました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、日常生活を満喫しています。

 新居にも慣れました。
 もう特別感はなくなりましたね。
 我が家って感じです。

 あ〜、ねみ〜。

 やる気でね〜。

 緊張感もなくなりました。
 日常生活を満喫しています。

スポンサーリンク

タグ:PHP研究所
posted by ササキマコト at 20:28 | 小説