ぎんなみ商店街の事件簿 Sister編/井上真偽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


新・読書体験。驚愕のパラレルミステリー!
古き良き商店街で起きた不穏な事件。探偵役は三姉妹と四兄弟、事件と手がかりは同じなのに展開する推理は全く違う!? 〈Brother編〉との「両面読み」がおすすめです!ぎんなみ商店街に店を構える焼き鳥店「串真佐」の三姉妹、佐々美、都久音、桃。ある日、近所の商店に車が突っ込む事故が発生した。運転手は衝撃で焼き鳥の串が喉に刺さり即死。詮索好きの友人を止めるため、都久音は捜査に乗り出す。まずは事故現場で目撃された謎の人物を捜すことに。(第一話「だから都久音は嘘をつかない」)交通事故に隠された謎を解いた三姉妹に捜査の依頼が。地元の中学校で起きた器物損壊事件の犯人を捜してほしいというものだ。現場には墨汁がぶちまけられ、焼き鳥の串が「井」の字に置かれていた。これは犯人を示すメッセージなのか、それとも……?(第二話「だから都久音は押し付けない」)「ミステリーグルメツアーに行く」と言って出掛けた佐々美が行方不明に!? すわ誘拐、と慌てる都久音は偶然作りかけの脅迫状を見つけてしまう。台風のなか、姉の足跡を追う二人に、商店街のドンこと神山が迫る――。(第三話「だから都久音は心配しない」)



◆感想


 1章ずつ交互に読んだのでBrother編と同じ感想ですが
 一応、書いておきますね。

 なんか話題になっているみたいなので読んでみました。

 注意事項として本書は『ぎんなみ商店街の事件簿 Brother編』とセットです。
 両方とも入手してから読むことを強くオススメします。
 1つの出来事に対して、Brother編側の視点で進む物語と
 Sister編側の視点で進む物語があるからです。
 さらに、一方を読んだときに解消されなかった謎が
 もう一方を読むことで解消されたりもします。

 ちょっと違いますが、1つの事件に対して犯人目線で進む物語と
 警察目線で進む物語がある、みたいなイメージです。
 両方を読むことで、はじめて全体像がつかめます。

 ということで、読む順番は自由ですが
 両方読まないと本書の真価は発揮されません。
 2冊まとめ買いさせるためのウマい商売ですね、なんつって。

 私はBrother編とSister編を1章ずつ交互に読んでみましたが
 これは正解でした。
 章ごとのつながりが薄いので、Brother編とSister編を交互に読んで
 1章ずつ全体像を把握していった方が分かりやすいと思います。

 ほんで読んでみた感想ですが、個人的には可もなく不可もなくでした。
 試みは面白いと思います。
 新しいことに挑戦しようという精神は大好きです。
 ただ、肝心の物語の中身が……普通(−−)
 面白くなかったわけでは決してありませんけどね。
 前評判によって期待値が上がり過ぎたせいか
 物語自体のワクワク感が個人的には少し物足りなかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、大晦日ですね。
 これが2023年最後のブログ更新です。
 今年も大変お世話になりました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 ……と型通りの挨拶をしたところで
 毎年恒例の1年の振り返りをしておきます。

 えっと、2023年のキャッチフレーズは「初心2023」でした。
 自営業を始めたばかりのころの気持ちを思い出して、
 いろいろなことに能動的に取り組むのが目標でした。

 結果(−−)b

 強制的に達成!\(−−)/

 今年は20年以上住んでいたアパートの立ち退きがありました。
 生活習慣をはじめ、いろいろリニューアルする必要に迫られたお陰で
 何となく初心にかえれたと思います。
 まぁ「能動的に」という感じではありませんでしたけどね。
 ドンマイっ(−−)ノ

 2023年は引っ越し関連のドタバタもあり、
 近年まれに見るくらい「イラッ(−−#)」とすることが多い一年でした。
 収入的にも赤字だし(−A−)

 とはいえ、楽しいこともたくさんありました。
 トータルで見ると、ちょいプラスくらいかな(−−ゞ
 満足はしていませんが悪くない一年でした。

 ということで、2023年は終わり!
 気持ちを切り替えていきます。

 2024年のぴよぴよキャッチフレーズは何にしようかなぁ(−−ゞ
 のんびり考えながら年越しします。

 みなさんも、良いお年を(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:井上真偽
posted by ササキマコト at 13:56 | 小説

ぎんなみ商店街の事件簿 Brother編/井上真偽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


史上初! ひとつの事件にふたつの真実
古き良き商店街で起きた不穏な事件。探偵役は四兄弟と三姉妹、事件と手がかりは同じなのに展開する推理は全く違う!? 〈Sister編〉との「両面読み」がおすすめです!ぎんなみ商店街近くに住む元太・福太・学太・良太の兄弟。母は早くに亡くなり父は海外赴任中だ。ある日、馴染みの商店に車が突っ込む事故が起きる。運転手は衝撃で焼き鳥の串が喉に刺さり即死した。事故の目撃者は末っ子で小学生の良太。だが福太と学太は良太の証言に違和感を覚えた。弟は何かを隠している? 二人は調査に乗り出すことに(第一話「桜幽霊とシェパーズ・パイ」)。中学校で手作りの楽器が壊される事件が発生。現場には墨汁がぶちまけられ焼き鳥の串が「井」の字に置かれていた。学太の所属する書道部に犯人がいるのではと疑われ、兄弟は真実を探るべく聞き込みに回る(第二話「宝石泥棒と幸福の王子」)。商店街主催の「ミステリーグルメツアー」に随行し、長男で料理人の元太は家を空けている。学太が偶然脅迫状らしきものの断片を見つけたことから、元太が誘拐事件にかかわっている可能性が浮上。台風のなか兄の足跡を追う福太たちに、ある人物が迫る!(第三話「親子喧嘩と注文の多い料理店」)



◆感想


 なんか話題になっているみたいなので読んでみました。

 注意事項として本書は『ぎんなみ商店街の事件簿 Sister編』とセットです。
 両方とも入手してから読むことを強くオススメします。
 1つの出来事に対して、Brother編側の視点で進む物語と
 Sister編側の視点で進む物語があるからです。
 さらに、一方を読んだときに解消されなかった謎が
 もう一方を読むことで解消されたりもします。

 ちょっと違いますが、1つの事件に対して犯人目線で進む物語と
 警察目線で進む物語がある、みたいなイメージです。
 両方を読むことで、はじめて全体像がつかめます。

 ということで、読む順番は自由ですが
 両方読まないと本書の真価は発揮されません。
 2冊まとめ買いさせるためのウマい商売ですね、なんつって。

 私はBrother編とSister編を1章ずつ交互に読んでみましたが
 これは正解でした。
 章ごとのつながりが薄いので、Brother編とSister編を交互に読んで
 1章ずつ全体像を把握していった方が分かりやすいと思います。

 ほんで読んでみた感想ですが、個人的には可もなく不可もなくでした。
 試みは面白いと思います。
 新しいことに挑戦しようという精神は大好きです。
 ただ、肝心の物語の中身が……普通(−−)
 面白くなかったわけでは決してありませんけどね。
 前評判によって期待値が上がり過ぎたせいか
 物語自体のワクワク感が個人的には少し物足りなかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、年末ですね。

 アパートの立ち退き依頼があったときは
 「わーお!(≧▽≦;)」という気分になりましたが、
 何とか2023年中に引っ越しが終わり、
 新居の居心地にもそこそこ慣れ、
 心穏やかな年末を迎えられています。

 良かったっす(−−)しみじみ

スポンサーリンク

タグ:井上真偽
posted by ササキマコト at 14:51 | 小説

哲学的な何か、あと数学とか/飲茶

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


フェルマーの最終定理という難攻不落な難問。それに取り組む学徒たちの姿を通して人間が生きる意味を探るテキスト。



◆感想


 面白かったです。
 一見すると機械的であいまいさを許さない数学ですが
 実際には人間味あふれた素晴らしい学問であると教えてくれます。
 何かを証明するときに「実際にはないけどあると仮定しよう」みたいなことも多く
 「それで、いーんかい(−−;」とツッコミを入れながら
 楽しませてもらいました。

 あと、答えがあるか分からない問題に対して人生をかけて挑戦するのが
 スゴいなーと思いました。
 努力が報われるのが分かっていたら頑張れるじゃないですか。
 でも、その努力が本当に報われるか分からない……どころか、
 報われないことの方が多いのにも関わらず全力で頑張れるのは
 賞賛に値すると思います。

 本書のお陰で数学に対する印象が、ちょっと変わりました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は12月の締め処理をします。
 これで2023年も終わりですね。

 ちゃんとした振り返りは年末にやりますが、
 今年は大赤字でした(−A−)

 引っ越しが大きかったなぁ(−−ゞ
 自業自得ではあるのですが、ベッドや大型家電を
 ほぼ全部、買い替えましたからね。
 中々に大きな出費でした。

 必要な出費なので後悔はしていないのですけどね。
 やっぱり、お金が減ると少し心配になります。

 ……とか言いつつ「今年も頑張ったね!」のご褒美として
 1万円くらいするシャンパンを買っちゃいました(^^ゞ
 大晦日に本でも読みながら堪能します(−q−)じゅるり

スポンサーリンク

タグ:飲茶
posted by ササキマコト at 10:02 | その他