変な家2 〜11の間取り図〜/雨穴

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


あなたは、この「11の間取り」の謎が解けますか?前作に続き、フリーライターの筆者と設計士・栗原のコンビが不可解な間取りの謎に挑む。1「行先のない廊下」2「闇をはぐくむ家」3「林の中の水車小屋」4「ネズミ捕りの家」5「そこにあった事故物件」6「再生の館」7「おじさんの家」8「部屋をつなぐ糸電話」9「殺人現場へ向かう足音」10「逃げられないアパート」11「一度だけ現れた部屋」後編「栗原の推理」すべての謎が一つにつながったとき、きっとあなたは戦慄する!



◆感想


 前に読んだ『変な絵』と『変な家』が面白かったので読んでみました。

 最初は連作短編だと思ったので「ちょっと微妙かな?」と感じましたが
 実際には1つの長編だと気付いてからは前向きに楽しめました。

 話の着地点が読み始めからは想像もつかないところにあって
 面白かったです。

 一部、回収されていない?伏線もありますが、
 そこはご愛敬でしょう。

 不可解で断片的な情報が最後につながって1つの物語になるのが
 とても気持ち良かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、クリスマスですね。
 めりーくりすまーす\(−−)/

 挨拶だけは世間の流行りに乗ってみましたが、
 生活自体はクリスマス感のない普通の生活をしています。
 今年はケーキもチキンも食べていません。

 どーんまいっ(−д−)

スポンサーリンク

タグ:雨穴
posted by ササキマコト at 14:44 | 小説

さみしい夜にはペンを持て/古賀史健、ならの

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


SNSで常時だれかとつながっている時代。だからこそ、積極的に「ひとり」の時間をつくろう。うみのなか中学校に通うタコジローは、学校にも居場所がなく、自分のことが大嫌い。ある日、不思議なヤドカリおじさんと出会ったタコジローはその日から、どんどん変わっていく…



◆感想


 本屋さんで見かけて物語形式っぽいので読んでみました。
 内容は一言でまとめると「日記を書こう」ですが
 その意義や書き方、考え方などが物語を通じて語られています。

 自分の中に言葉にできないモヤモヤを抱えている人は
 読んでみても良いと思います。
 鬱屈とした気分を打開するヒントにできるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、眠いです。
 10時間くらい寝た後に半日くらい起きていて、
 その後7時間くらいお昼寝したりしているのですが
 まだまだ寝られる感じです(−−)Zzz・・

 スケジュール的には大丈夫なのですが
 これが当たり前になっちゃうとマズいな〜と思っています。
 一時的なものだったら良いなぁ(−−ゞ

 とか言いつつ、寝るんですけどね。
 眠いときは寝るのが一番です(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 05:55 | その他

万能鑑定士Qの謎解き/松岡圭祐

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


幾多の人の死なないミステリに挑んできた凜田莉子。彼女が直面した最大の謎は大陸からの複製品の山だった。しかもその製造元、首謀者は不明。仏像、陶器、絵画にまつわる新たな不可解を莉子は解明できるか。



◆感想


 面白かったです。
 このシリーズはたまに専門知識がないと解けないトリックがありますが
 本作は専門知識がなくても解ける内容で
 ミステリーとしても「なるほどねっ!」となりました。
 個人的には満足度が高かったです。

 長らく楽しませていただいたシリーズですが、
 いよいよ次作が最終巻みたいです。
 あの2人の関係がどこに着地するのか気になるので、
 早めに時間を見つけて読んでみます。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、眼科に行ってきました。
 最近、目が疲れやすくなったのと
 目が悪くなったというか目の前がかすむようになった気がしてですね。
 「病気じゃないよね?(−m−;)」と心配になったので
 検査してもらいに行ってきました。

 ほんで、検査してもらった結果ですが……セーフ\(−−)/
 目に異常はなかったみたいです。

 ただ、3ヵ月くらい前に0.6に合わせて作ったメガネが
 0.3くらいしか見えてないっぽくてですね。
 近視が進んでいるっぽい感じではありました(−−;

 とりあえず疲れ目用の(?)目薬をいただいてきましたが、
 逆に言うと、できるのはそれくらいみたいです。

 目に異常がなかったのは良かったですが、
 視力が落ちているっぽいのは、しょんぼりでした(ノд`)・°・。

スポンサーリンク

タグ:松岡圭祐
posted by ササキマコト at 19:05 | 小説