フォトミステリー ―PHOTO・MYSTERY/道尾秀介

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


写真から生まれた、道尾秀介初のショートショート集。読み返すほど深まる――写真と連動する新感覚のミステリー。



◆感想


 1枚の写真とそこに添えられた何気ない文章、
 一見すると平和な日常の一コマですが
 よーく読み解くと見える景色が変わります。

 面白かったのですが難易度が高めに感じました。
 解説が付いていないので、考えるのがあまり得意ではない方は
 モヤモヤすると思います。
 向き・不向きがハッキリ分かれそうだと感じました。

 個人的には楽しめましたし、50話も収録されているので
 たまにオチが分からないのがあっても我慢できましたけどね。
 人に薦めるのは慎重になる一冊でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は3連休だったのですね。
 ジャンプの発売日を確認していて気付きました。

 三連休お休みの方は満喫されてください(−−)ノ
 私はいつも通り、本を読みながらパソコンをペチペチします。

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 15:42 | 小説

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉/松岡圭祐

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


タイムリミットは120時間、ムンク「叫び」の謎を解け!出発点となったリサイクルショップ<チープグッズ>に戻った凜田莉子。ムンクの絵画「叫び」の盗難事件を機に、過去最難関の謎へと導かれる。事件を追ううち、探偵になった小笠原悠斗との心のすれちがいにも、真意が見え始め……。人の死なないミステリ、「万能鑑定士Q」シリーズ遂にここに完結。



◆感想


 長らく楽しませていただいた『万能鑑定士Q』シリーズもついに最終巻です。
 小笠原君は頼れる男になって、莉子ちゃんも素直になって、良い最終巻でした。
 登場人物が多かった割にはキレイにまとまっていたと思います。

 巧妙に挿し込まれた他シリーズの宣伝も個人的には良かったです。
 何気にすでにまとめ買いしてあるので、期待感が高まりました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、年末ですね。

 ……と書いたのがついこの間なのですが、あっという間に年始になって、
 あっという間に年始が終わりました。
 はやっ(−−;

 このまま、あっという間に年末になりそうな予感がしています。
 「今日って結局何したっけ?(−−;」とならないように頑張りまっす。

スポンサーリンク

タグ:松岡圭祐
posted by ササキマコト at 13:21 | 小説

絡新婦の糸:警視庁サイバー犯罪対策課/中山七里

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


凶器は140字、共犯者(フォロワー)は十数万人。SNS×社会派ミステリ!ネット界最恐の情報通<市民調査室>。芸能人の醜聞、政財界の不祥事など、様々な暴露ネタで、物議を醸していた。しかし、ネットの炎上が現実に飛び火して、ついに人命に関わる事態に発展する。サイバー犯罪対策課の延藤は、執念深く捜査を進め、特定寸前まで追い詰めるのだが……。明日は我が身、体中が粟立つSNSサスペンス!



◆感想


 面白かったです。
 警察物はあまり得意ではないのですが楽しめました。

 ミステリーとして面白かったかは微妙ですけどね。
 テーマが興味のある分野だったこともあり、
 飽きることなく一気読みしました。

 好きなタイプの話ではなかったのに面白いと思えたので、
 本当に面白かったのだと思います。
 読み応えのある一冊でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あけましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。
 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 新しい一年が始まりましたね。
 2024年のキャッチフレーズをサクっと決めようと思います。

 う〜ん(−−)

 決めた!(−−)☆

 2024年のキャッチフレーズは「読書2024」です\(−−)/

 理由は読書がしたいからです。

 基本的には毎年マジメぶった目標を設定しているのですけどね。
 今年は止めておきます。
 来年は勝負の年になりそうな気がしているので
 今年は力を溜めておこうかな、と。
 特に根拠はないのですが、何となく来年以降は
 自分を甘やかすのが難しくなりそうな予感がしているのです。

 ということで今年は少し自分を甘やかしつつ
 来年に向けて力を溜める一年にします。

 それでは2024年もよろしくお願いいたします(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 13:09 | 小説