羅針盤の殺意 天久鷹央の推理カルテ/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「頼んだよ……鷹央君」師を殺したのは、誰だ?御子神氷魚。帝都大学の元主任教授で、現在は総合病院の院長を務める彼女は、天久鷹央の学生時代の師だった。同じ個性を持つ氷魚に導かれ、診断医の道を志した鷹央。天才医師が唯一「先生」と呼ぶ存在は、しかし不治の病に冒されており、最後には不可解な死を遂げる。謎めいた言葉を遺した師の真意を知るため、鷹央は捜査を開始するが……。師弟の絆を描く、本格医療ミステリー!



◆感想


 おぉ、このシリーズで完全版商法ではない新作は久しぶりですね。
 うっかり見落とすところでした。

 正直、このシリーズの商売の仕方が好きではないので
 あまり良い印象は持っていませんが、中身は面白かったです。
 タイトルが秀逸ですね。
 最後まで読んでから改めてタイトルを見ると
 「豪快にネタバレしてたのね(−−)」と思えるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は3連休ですね。
 基本的に休日はお家に引きこもってお仕事っぽいことをするのですが
 ちょっとだけお出かけしたい誘惑に駆られています。

 ふぐ食べたい(−q−)じゅるり

 ビール飲みたい(−q−)じゅるり

 お寿司食べたい(−q−)じゅるり

 一応ダイエットを頑張っていたのですが
 引っ越し前の体重に戻ったら危機感がなくなりましてね。
 最近は油断気味です(^^;ゞ

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 16:15 | 小説

物語思考 「やりたいこと」が見つからなくて悩む人のキャリア設計術/けんすう

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「やりたいこと」なんて見つけるな!物語の主人公のようにキャリアを考える方法【物語思考の5ステップ】1.自分を制限している頭の枷を取る 2.なりたいキャラクター像を設定する 3.そのキャラを実際に動かす 4.そのキャラが活きる環境を作る 5.そのキャラで「物語を転がす」 人生とは、あなたという主人公が、なりたい自分になるための成長物語。



◆感想


 本屋さんで見かけて何となく面白そうだったので読んでみました。

 ところがどっこい、読んでいたら途中で眠くなっちゃいましてね(−−)Zzz・・
 語り口はゆるくて読みやすいですし、
 内容も共感できる部分が多いです。
 どうしてこんなに眠くなるのか疑問だったので、
 ちょっと真剣に考えてみました。

 結果(−−)b

 おそらく共感でき過ぎる内容だったのだろうと推測しています。
 「だよね!分かるわ〜(≧▽≦)」を飛び越えて
 「うん、だよね……(−−)」になっちゃったのかな、と。
 「新しい刺激」という点で物足りなかったのでしょう。

 ということで、内容自体は良いと思いますし、
 本書に書かれていることを意識することで
 精神的な負担が減る人もいると思いますが
 私は眠くなりました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はマンションの消防設備点検に立ち会いました。
 何気に人生初なのでドキドキしていたのですが楽しかったです。
 点検に来てくださったお兄さんに、いろいろ教えていただきました。
 なんで変なカップみたいなのを被せただけで火災報知器のチェックができるか
 不思議だったのですけどね。
 お陰様で謎が解けました(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:けんすう
posted by ササキマコト at 10:01 | ビジネス書

コンセプトの教科書 あたらしい価値のつくりかた/細田高広

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


初心者でも「コンセプト」がつくれるようになる本



◆感想


 「ふむふむ。なるほど(−−)」となりました。
 コンセプトを作る際の型を学べます。
 コンセプトを作ろうと思っているけど何を考えれば良いものやら……な人が
 考える取っ掛かりをつかめるようになる内容です。

 勉強目的で何となく読むのも良いですけどね。
 実際に自分がコンセプトを作りたい状態で読んだ方が
 得るものは大きいと思います。
 自分の状況に置き換えて考えることで
 より深く理解できるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、よく考えたら今年の1月で
 自営業を始めてから丸15年でした。
 おぉ、いつの間にか15周年だった。

 15年前と比べて、ちょっとは成長したのかな(−−ゞ
 自分の感覚的には15年前と何も変わっていない気もします。
 あまり成長した実感はありませんが、
 とりあえず生きているので良しとしますかね。

 ということで、16年目も気ままにやっていきまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:細田高広
posted by ササキマコト at 20:22 | ビジネス書