特等添乗員αの難事件II/松岡圭祐

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


水平思考―ラテラル・シンキングの申し子、浅倉絢奈。きょうも旅先で発生するトラブルを華麗に解決していたが…予期せぬ事態に遭遇してしまう。聡明な絢奈の唯一の弱点があきらかになった。そして姉との埋まらない溝に加え、恋人のはずの壱条那沖との関係にもヒビが入り、公私ともに絶不調。香港へのツアー同行を前に、絢奈は閃きを取り戻せるか?人の死なないミステリ最高峰、書き下ろしαシリーズ第2弾。



◆感想


 前作に続き、クイズっぽい問題や豆知識がいっぱいで面白かったです。
 「なるほどね!」と思いながら読み進めました。

 今回は主人公のお姉さんもガッツリ登場します。
 このお姉さんはツンデレ要素がありそうですね。
 今後も登場してほしいものです。

 正直、最後の1行は「何言ってんだ、こいつ(−A−)」と思いましたが
 それ以外は良かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2月に入りましたね。
 2月は日数が少ないので油断していると、あっという間に終わってしまいます。
 1日1日を大切に生きていきたいものです(−−)しみじみ

 2月は(忘年会から延期された)新年会があったり、
 歯医者さんがあったり、予定が盛りだくさんです。

 ……と言うほど盛りだくさんでもありませんけどね(^^ゞ

 『龍が如く8』を本格的にやりたいので
 やるべきことはできるだけ前倒しで終わらせまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:松岡圭祐
posted by ササキマコト at 07:11 | 小説