ソフィーの世界

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 ソフィーはごく普通の14歳の少女。
 ある日、ソフィーのもとへ1通の手紙が舞い込んだ。
 消印も差出人の名もないその手紙にはたった1行、『あなたはだれ』と書かれていた。
 おもいがけない問いかけに、ソフィーは改めて自分をみつめ直す。
 「わたしっていったいだれなんだろう」今まで当たり前だと思っていたことが、
 ソフィーにはとても不思議なことのように思えてきた。
 その日からソフィーの周りでは奇妙な出来事が次々と起こり始めた…。


読んだ時期:

 小学生の頃。


レビューとか感想とか:

 「一番やさしい哲学の本」の看板に偽り無し!って感じでした。
 途中でちょっと飽きたりもしましたが、
 平仮名が多いので比較的読みやすかったです。
 内容?うん、今はもう覚えていない。
 ただ、哲学に興味のある人が入門書代わりに読むには良いと思いますよ。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 03:50 | ☔ | 小説