憂鬱なプログラマのためのオブジェクト指向開発講座

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 これまで難解な印象がぬぐえなかった「オブジェクト指向」のイメージを一新、
 現場のエンジニアに取材した具体的な解説で、
 分析/設計/実装というソフトウェア開発の流れをトータルに把握することができます.
 付録CD-ROMにはオブジェクト指向CASE(ソフトウェア開発支援)ツール
 Rational Rose(デモ版)も収録されていますから、
 読者はすぐにオブジェクト指向開発を実践し、実際に動くプログラムを作ることが可能です.
 ソフトウェアの分析/設計の実践と同時に、オブジェクト指向言語であるC++の用法も
 詳しく説明しているため、本書を読むことでC++言語も使えるようになります.
 すでにCを習得しているプログラマが、C++を学習するのに最適です.


読んだ時期:

 8年前。


レビューとか感想とか:

 Javaの仕事があってその当時「オブジェクト指向ってなんじゃらほい?」だったので
 タイトルに引かれて衝動的に買った本。
 読み終えた後は、オブジェクト指向ってのが何なのか
 何となく分かった気になりました。気のせいかもしれないけど。
 専門書の中では読みやすい部類に入るかと思います。


お気に入り度:
 ★★★



スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 23:04 | ☔ | 資格・専門書