アルジャーノンに花束を

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 チャーリィは陽気な32歳。生まれながらの知的障害者だ。
 パン屋で働き、夜学に通う。そんな彼に「頭をよくしてあげよう」と科学者からの突然の申し出があった。
 未知の、危険な実験の被験者になるのだ。しかし、チャーリィは喜んで手術のため入院する。
 同じ実験を、白ネズミのアルジャーノンも受けていた。
 やがてIQが185にまで高まり、超天才となったチャーリィは自我が強まり、
 知識欲も旺盛になり、人々を驚かす。
 だが、驚くべき天才ネズミとなったアルジャーノンは、急速に知能が後退していく。
 はたして、チャーリィは?―SFの傑作であると共に、読者を深い感動に包み込む不朽の長編小説。


読んだ時期:

 中学生の頃。


レビューとか感想とか:

 お家の本棚にあったので暇つぶしに読んだ一冊。
 特に謎解きがある訳でもなく緊迫感のある話ではないけど
 何となく面白かったです。
 チャーリィが賢くなっていく過程、その後の書き方はなるほどと思いました。


お気に入り度:
 ★★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 23:29 | ☔ | 小説