緑陰の雨 灼けた月<薬屋探偵妖綺談>

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 “薬屋探偵妖綺談”シリーズ第5弾!
 事件の裏には、心を曇らす哀しみの雨が。

 葉月下旬、やたら元気な女子高生の身の上に、
 奇怪な事件が降りかかる。
 依頼を受けた、秋、座木、リベザルは、
 非慈善事業の妖怪退治に乗り出すのだが……。
 事件の裏には、心を曇らす哀しみの雨が。
 薬屋3人組は、暮れゆく夏に快晴を取り戻せるか?
 ミステリー・ファンタジスタ高里椎奈の傑作シリーズ・第5弾!


読んだ時期:

 忘れた。


レビューとか感想とか:

 知らないで買ったらシリーズ物でした。。
 でもまぁ最初に自己紹介してくれてるし単品としてもちゃんと読めます。
 個人的には可もなく不可もなく。
 何気に薬屋の皆さんも妖怪ばっかりです。
 その手の話が好きな人は楽しめるのではないでしょうか。


お気に入り度:
 ★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 17:43 | ☔ | 小説