営業のプロが新人のために書いた営業の本

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 「お客様に認知していただいてから、ニーズが発生するという
 売れるまでの流れを知る」
 「商談の際は、相手を“主語”にして話す」
 「価格交渉を成功させるためのポイント」
 「お客様を納得させたり、断れた場合の対処法を知る」
 「上司の考え方や期待するポイントを知り、会社や部署に貢献する
 行動基準を知る」
 「営業報告や上司への報告を効果的に行う方法」
 「必要な構成要素を知り、効果的な提案書を作成する方法」
 「会社の長期的な売上確保のための判断・行動基準をつける」

 ・・・などの、現場に直結する様々なノウハウについて、
 営業担当者を経験し、かつ現在は会社経営者である著者が、
 “担当者”と“経営者”の2つの視点から解説します。

 また、
 「見積もり金額が他社よりも高いと言われた場合の対処法」
 「大幅な値引き要求をされた場合の対処法」
 「価格要求などで強引なお客様への対処法」
 「お客様からクレームが来た場合の対処法」
 「お客様のご要望に自社の規則・ルールなどでお応えできないとき」
 「自分で判断に迷う案件への対処法」

 ・・・などの現場で発生しやすい事例についても、
 ケーススタディ形式で具体的な解決策を提示します。


読んだ時期:

 2008年4月。


レビューとか感想とか:

 自分でやるには営業力が必須だよなぁ。。とか考えていたので
 取り合えず気休めに買ってみた一冊。
 営業未経験な私でも気軽に読めました。
 そか、営業の人達ってこんな考え方で乗り切っていくのか。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 18:06 | ☔ | ビジネス書