最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 自分が働くのではなく、「仕組み」に働かせよう

 ・仕事を「作業系」と「考える系」に分ける
 ・ルーチンワークを「仕組み化」する
 ・失敗も「仕組み化」できる
 ・続ける「仕組み」をつくる
 ・「記憶」より「記録」
 ・仕事の内容と手順をチェックシート化する
 ・TO DOリストを使って、あらゆるタスクを一元管理
 ・情報収集の基本は「受け身になる」「情報の入りをふさがない」

 「才能に頼らない」「意志の力に頼らない」「記憶力に頼らない」、
 「仕組み」をつくれば、イヤでも仕事はうまくいく!


読んだ時期:

 2008年10月9日。


レビューとか感想とか:

 何の為に仕組み化するべきかって話から始まって
 どーやって仕組み化するのかってな事に落とし込まれています。
 この本で書かれている「仕組み化」ってのは
 ルーチン化、ルール化、マニュアル化ってな所でしょうか。
 誤解を承知でちょびっと乱暴な解釈をしちゃうと、
 何にも考えないで出来る作業は誰にでも出来るようにして
 脳みそ使わないと駄目な方に時間を割けってな事ですな。
 私は普段、仕組みが確立された仕事=ルーチンワークと解釈しているので
 ルーチンワークを仕組み化しろってのはどうゆうこっちゃ?
 な部分はありましたが比較的易しく書かれています。
 ぶっちゃけ、太字の部分だけ読めば事足りr・・ごほごほ。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 17:49 | ☁ | ビジネス書