話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

本の内容(Amazon.co.jpより引用):

 女は歯を磨きながらでも歩き回ったり、いろいろなことを話したりできるのに、
 男にはこれができない。なんでだろう?
 なぜ特許出願の99パーセントが男によるものなのか。
 なぜ女はストレスが溜まるとおしゃべりをするのか。
 なぜ買い物嫌いの夫がこんなに多いのか。
 バーバラとアラン・ピーズ夫妻によると、
 「私たちがどう考えどう行動するかは、脳の配線と、
 体内を駆け巡るホルモンという2つの要因によって、
 生まれるずっと前からほとんど決まっている」という。社会化する過程や、
 政治観や、しつけが違うだけではない。
 男と女は脳が大きく違っていて、生まれつき違う行動をする傾向がある。
 こうした違いがもとで、満足のいく人間関係を築けないケースがあまりにも多い。
 だから、男女の基本的衝動の違いを理解すれば、自己認識を深めることができるし、
 男女間の関係も改善できる、というのが
 『Why Men Don't Listen and Women Can't Read Maps(邦題: 話を聞かない男、地図が読めない女)』の
 基本的考え。


読んだ時期:

 2008年10月14日。


レビューとか感想とか:
 これも一時期流行ってましたよね?
 例によってブックオフで105円だったので買ってみました。
 読んだ感想、思ったより堅苦しく書いてあるのですね。
 あんだけ話題になってたからもっと読みやすいかと思ってた。
 流行った当時は「男女平等」だとか声高に叫ばれてた気もするし
 ある意味、チャレンジャーな一冊だった・・のでしょうか?
 内容はまぁ、脳みそのつくりってのは男と女で違うんだよ〜。
 だからこーゆー時は男はこーだけど女はこーで
 ほんでもってだから食い違ったり怒らせたりするんだよーな話。
 男と女が違うって主張には同意。
 各主張の細かな部分についてはちょっと疑問。ってな感じでした。

 あっ、余談ですが一時期流行った「男女平等」論、私はアンチです。
 あん時流行って声高に叫ばれてた「男女平等」って要するに
 主に雇用の面で男と女を同じに扱えって主張ですよね?
 てか「男女平等」って言葉が拡大解釈されてた気がします。
 「男女対等」を主張するなら分かるけど
 例えば職場の男女比を50:50にしろ、みたいな一部の主張は
 適材適所って観点から見ても甚だ疑問ですし、
 何か都合よく主張してんなーとか思ってました。
 向いてると思えば男女問わず雇えば良いし
 向いてないと思えば男女問わず雇わなければ良いし
 その結果男女比が90:10になろーと10:90になろーと
 それは仕方ない事でしょーが。と。

 こーゆー事を書くと一部の方に怒られちゃうんですかね?


お気に入り度:
 ★★






スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 13:46 | ☁ | その他