仕事が嫌になったとき読む本―打たれても出る杭になれ

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 仕事がつまらない、成果が上がらない、会社に評価してもらえない―
 誰もが一度は経験する“会社が嫌になるとき”。そんな気持ちのときには、
 この本を開いてください。
 仕事が楽しければ人生は楽園、義務感だけでやるなら地獄。自分自身が主人公になり、
 面白がって仕事に取り組むならば、人生は必ず好転します。
 マイナス思考を一掃し、仕事が楽しくてしかたがなくなる“意識革命”のための70カ条。


読んだ時期:

 2008年12月1日。


レビューとか感想とか:
 え〜、仕事が嫌になった時には読んではいけない本です。マジで。
 例えるなら「何もする気がしない。。欝だ。。」って感じてる人に対して
 「そりゃ〜甘えてるんだ!頑張るのじゃ!」って言ってるような本です。
 多かれ少なかれ、本当に仕事が嫌になっていて
 このような本を手に取る人は共感を求めていると思うのですよ。
 「そだよね、嫌だよね」って。
 そんなのはこれっぽっちも書いてありません。
 熱い叱咤激励が続きます。ぺちっぺちっ、女王様とお呼び。
 書いてある内容が悪いと言っているのではありません。
 書かれた時期が時期(1999年頃)なので
 今の時代には流行らない事言ってんな〜ってのはありますが
 結構骨太な内容で、個人的には逆に新鮮でしたし
 共感できる部分も勉強になる部分もありました。
 ただ、仕事が嫌になっている人に対してそんな事言っても
 心には響かないだろ〜な〜ってのが率直な感想です。
 「何か夜眠れなくて朝起きられないんです〜」って人に対して
 「寝るのは健康に良いのじゃ。ちゃんと夜寝れ」って感じ。
 「寝れりゃ〜苦労しねーんだよ!おまえに何が分かる?!」と
 反発されそうです、ハイ。

 なもんで、どーせ読むなら仕事に疲れてる時じゃなくて
 むしろ元気いっぱいやる気満々の時に読んだ方が
 得る物は大きいかと思います。
 公園でぼへ〜っと座っている時に見知らぬおじーちゃんが近寄ってきて
 「わしの若い頃はの〜、寝る間も惜しんで云々」って世間話を始めても
 邪険に扱わないだけの心のゆとりがある時に読みましょう。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:06 | ☀ | ビジネス書