悪魔のパス 天使のゴール

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 試合で活躍した選手が心臓麻痺で死ぬという事件が起こった。
 セリエAの日本人プレーヤー冬次の依頼で調査に乗り出した小説家・矢崎は、
 死を招く最強のドーピング剤「アンギオン」の存在を知る。
 イタリア、南フランス、キューバ…いくつもの罠が待ち受ける中、
 ついに冬次の身にも危険が迫る。
 サッカーの面白さと物語の興奮が融合した小説。


読んだ時期:

 2008年12月4日。


レビューとか感想とか:
 正にサッカー小説!これぞサッカー小説!文句なしにサッカー小説!
 サッカーマンガってあるじゃないですか?
 イレブンとかシュートとかファンタジスタとか・・あっ、キャプテン翼とか。
 それの小説版って感じです。サッカーの試合内容をメインに書いた小説です。
 ドーピング剤とか云々出てきていますが、意味はありません。
 ストーリーもあって無きが如しです。大した意味はありません。
 んだけど、サッカーの試合シーンの描写は凄かったです。
 うん、もう何でここまで気合入っているのかと。

 結論としては、多分サッカーを小説で表現してみたかっただけでしょう。
 実験的な試みだと思います。
 また、実験としては成功なのではないでしょうか。
 サッカーシーンの描写に関しては素直に「すげー」と思いました。
 ただ、読み物としては個人的には詰まらなかったです・・・ごほごほ。

 どーでも良いのですが、2chかどっかを見てた時
 「村上ドラゴン」って表現が妙にツボに入りました。
 何か三流レスラーっぽくて吹いた。


お気に入り度:
 ★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:58 | ☀ | 小説