なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか 顧客が自然に集まる10の発想転換

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 目先をちょっと変えれば、お客様の声が聞こえてきます。
 モノが売れない、アイデアが出ない、何を作ればいいのかわからない…と
 悩んでいませんか?
 私が約400社の元気企業から学んだとっておきの処方箋をご紹介します。


読んだ時期:

 2008年12月12日。


レビューとか感想とか:
 「ちわ〜、三河屋で〜す。」
 「あ〜ら、サブちゃん」
 果たして本当に伸びていたのかどーかは知りませんが
 私も御用聞きに近い仕事なんで興味を持った一冊です。

 内容ですが、前半部分は対顧客の御用聞きビジネスを
 実例を交えて紹介しています。
 まぁ実際には、御用聞きと言うよりも
 独自の視点で独自の展開をしている顧客密着型企業を
 「御用聞きビジネス」と定義している気もしますが。
 後半部分は対社内のユニークな取り組み例がメインです。
 要は顧客密着型&社員重視の取り組みの紹介及び
 逸れに対する所感・・かなぁ。
 全社的な取り組みがメインに書かれているので
 対象はどちらかと言うと経営者だと思います。
 ただ、色んな所で良く言われていますが
 従業員でも経営者的発想が出来ると便利は便利なので
 そーゆー視点で読んでみるのも面白いかもしれません。

 そ〜いやシステム開発の仕事も対企業だと
 スタートは御用聞きですね。
 「ちょっとこんなシステムが欲しいんだけど〜」とか
 そんなもんがスタートです。実際の所。
 提案するにしてもお客様の状況が分からないと
 いまいちな事になっちゃいますし。
 所謂IT関係で御用聞きをやっていくのって難しいとも思います。
 あくまでお客様のニーズが無いと何も始まらないので
 中々売上が安定しません。システム自体安いもんでもありませんし。
 なもんで、この業界の経営者の方は
 下請けで安定収入を求める傾向にあるのか〜とちょっと思いました。
 う〜ん、悩ましい。。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 23:21 | 🌁 | ビジネス書