債権者会議

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 実録・倒産の全貌。会社が潰れる!!倒産の責任は誰が取るのか。
 平成九年夏、東京の広告代理店が二度の不渡りを出した。
 苦しい資金繰りを続けたあげくの倒産だった。
 経営陣と社員たちにパニックが襲う。
 会社オーナーが国外へ逃げる一方、
 倒産時の社長は債権者の激烈な取立て攻勢に晒される―。
 本書は、その社長が、深まる苦境の中で書き続けた倒産劇の真相であり、
 倒産社会・日本の危機の実例を活写して、再生への道を探る渾身のドキュメントである。


読んだ時期:

 2009年1月11日。


レビューとか感想とか:
 会社潰すとこうなりまっせ。ってお話。
 当初、小説かと思って読み始めたのですが
 実際にはドキュメンタリーでした。
 著者が副社長として会社に入ってから社長になって
 倒産に向かうまでの経緯が綴られています。
 いや〜・・・重い。
 会社を清算するのも大変なんですね。
 「倒産」って言葉自体は良く耳にしますが
 実態はさっぱり分からん私としては勉強になりました。
 てか、こんな話を聞く機会なんてないし。

 そーいや前にいた会社で社長が逃げた時なんか
 似たような雰囲気になったなぁ、とか思いながら
 一気に読んじゃいました。
 決して楽しい話が書かれている訳ではありませんが、
 将来起業したい人なんかは読んでおいて良いと思います。
 常に最悪を想定して行動する事も大事だとは思うので。


お気に入り度:
 ★★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 18:52 | ☔ | ビジネス書