アインシュタイン150の言葉

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 アインシュタインの名言集。
 「私は天才ではない。ただ人より長く問題とつき合っているだけだ」
 「どうして自分を責めるんだ? 他人がちゃんと責めてくれるんだから、
 いいじゃないか」など、人生の真実をついた言葉がいっぱい。
 読む人を元気づける1冊です。


読んだ時期:

 2009年1月23日。


レビューとか感想とか:
 アインシュタインのおっちゃんの名言集。
 そいや昔仲良かった友達の家にあったな〜ってのを何故か思い出したので
 パラパラと読んでみました。元気にしてるかしら。元気にしてて欲しいなぁ。
 と言う訳でアインシュタインのおっちゃんが好きな人は
 読んでみても良いでしょう。好きでない人は読む必要はありません。
 名言とかって、何を言ってるかじゃなくて
 誰が言ってるかってのが大事だと思うんですよね。
 その人の人生が集約されて一言にまとめられる。
 だからこそ共感出来たり感動出来るのではなかろうかと。
 例えば私が鼻ほじりながら「失敗は成功の母」とか言っても
 だーれも感動なんてしないでしょう。
 名言集なんてのはそんな物じゃないでしょうか。
 この本だってイチロー語録だって新庄語録だって
 その人の人生に敬意をはらえればこそ、
 読むべき価値があるのだと思います。

 さて、今日はスーパーでの一コマです。
 某うちから徒歩5分位のスーパーで事件は起こりました。
 テレビや新聞で不景気が声高に騒がれ、
 物価が上がったかと思ったら下がったり
 スーパーも試行錯誤、色々大変な感じです。
 他人事では無いと感じつつも大変なんだろうな〜と
 思いながらレジに並んでいたら・・・
 POSレジが全部新しくなってるっ!?Σ(´・д・`)

 う〜む・・何でだべ?
 何でこのタイミングでPOSレジを一気に新調したんだべ?
 私の足りない脳みそで思い浮かんだのは

 1.単純に予算が余ったから。もしくは最初から組んであったから。

 2.不景気不景気言われてるから利益を圧迫しても
   大目に見て貰えそうだから。ここぞとばかりに経費を計上してる。

 の2つ位でした。
 うん、どっちにしろ余裕はまだありそうですね。
 と言う訳で相鉄ロー○ンはまだ意外と余裕があると思います(笑)
 当たっているかどうかは知らないですけどね。


お気に入り度:
 ★★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 20:35 | ☔ | その他