青空のむこう

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 ぼくはまだ決めかねてた。アーサーはぼくに背中をむけて歩きだした。
 そのとたん、エギーやママやパパや友だち、
 ぼくが知ってる人たちの顔が次々に浮かんで、
 どうしてももう一度会いたくなった。
 みんながいなきゃ生きていけない。死んでることだってできない。
 すぐにぼくは決心した。アーサーの後を追いながら呼びかけた。
 「待って、アーサー。ぼくも行く」アーサーは立ち止まってぼくを待った。
 それからふたりで駆けだした。“生者の国”を目指して―。


読んだ時期:

 2009年2月12日。


レビューとか感想とか:
 不幸にも若くして亡くなった少年が死後の世界に行ったら
 アーサーって少年と友達になって、二人で現実世界に戻って来て
 自分が亡くなった後の家族だとか学校の友達とかを見て回って
 時にはショックを受け、時には哀しみにくれながらも
 結局思い残した事を果たして旅立つ話。

 基本的には後悔先に立たずですよなお話です。
 だから毎日大切に生きましょうって感じでしょうか。
 昔だったら色々感じる事もあったと思いますが
 正直、今の私はあまり感動しませんでした。
 それで良いとも思っています。
 自慢じゃないですが今の私は、日々ぐーたらに
 そして大切に生きていると自負しております。

 ほんと、昔に比べて一日一日の大切さを感じていますよ。
 ただ生活してるだけでお金がドンドン減っていきますしね。しくしく。


お気に入り度:
 ★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 23:19 | ☀ | 小説