いちご同盟

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 中学三年生の良一は、同級生の野球部のエース・徹也を通じて、
 重症の腫瘍で入院中の少女・直美を知る。
 徹也は対抗試合に全力を尽くして直美を力づけ、
 良一もよい話し相手になって彼女を慰める。
 ある日、直美が突然良一に言った。
 「あたしと、心中しない?」ガラス細工のように繊細な少年の日の恋愛と友情、
 生と死をリリカルに描いた長篇。


読んだ時期:
 2009年2月24日。


レビューとか感想とか:
 ん?どっかで見た事ある気がするタイトルだな〜、
 でも読んだ事無いよな〜確か。と気になったので読んでみた一冊です。
 最後の方まで読んで気づきました。
 そっか!小学校だか中学校の国語の教科書に乗っていた話だ!
 内容は中学生の男女の恋模様・・・じゃなくて
 「生きる」と言う事を見つめた話です。
 意外とシリアスな話で子供が読んでもそれなりに分かりやすいし
 大人が読んでもそれなりに考えさせられる本だと思います。
 
 うん、バッチリ思い出しました。
 確か期末テストで試験問題で出たのですよ。
 その中に「相撲を取っている時の主人公の気持ちを述べよ」
 とかって言う問題があったんですね。
 その問題を作った先生は中々にユニークな先生で
 選択肢の中に「うっちゃるべきかうっちゃらざるべきか」と言う
 「いやいや!そこまで相撲に真剣じゃないべさ!」と
 突っ込みたくてしょうがなくなる選択肢がありました。

 凄く大好きな先生でしたが、今考えると
 偉い先生に怒られまくってたんだろうなぁ。。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 21:52 | ☔ | 小説