海がきこえる

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 写真の里伽子を見ているうちに、いくつかの里伽子がいるシーンが甦ってきた。
 六年生(高3)になって同じクラスになったことや。
 ゴールデンウィークの小旅行や。
 ふたりで泊まったホテルや、いろんなことを。
 ぼくにはわりに楽しかったり、驚いたりもしたいくつかのことも、
 里伽子には、なんの意味もなかったわけだな。
 それはなんだか、すこしばかり淋しいことだった。
 ぼくはそのとき初めて、里伽子をすごく好きだったことに気がついて、
 とりかえしのつかないような気持ちになった。

読んだ時期:
 2009年3月4日。


レビューとか感想とか:
 海がきこえる・・・の?
 村上春樹さんの「ノルウェイの森」のように、まずは主人公が昔を回想します。
 内容も・・違うと言えば違いますが「ノルウェイの森」のように青春小説です。
 若かりし頃のあまずっぱ〜い思い出を抱えた主人公があんな事やこんな事を。
 まぁそんな感じの話です。
 よくあるっちゃ〜よくある話ですが、不思議と心惹かれる話でした。
 ちなみに読後感はさっぱりです。
 「さっぱり分からない」の「さっぱり」ではなく
 フレッシュミントっぽい「さっぱり」なのでお間違えなき様お願い申し上げます。

 そーいやこの本ってアニメになったりドラマになったりしたのですね。
 全然知りませんでした。
 相変わらず世の中の流れについていけてなくてすいません。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 21:57 | ☔ | 小説