魔王

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。
 自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、
 その能力を携えて、一人の男に近づいていった。
 五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、
 何気ない日常生活に流されることの危うさ。
 新たなる小説の可能性を追求した物語。


読んだ時期:
 2009年3月5日。


レビューとか感想とか:
 これってドラマにもなったんざますか?
 今、週間少年サンデーでマンガがやっていて、
 最初は詰まらなかったのですが意外と面白くなってきたので
 小説版にも手を延ばしちゃった、てへっ、みたいな感じで読みました。
 内容は、何か微妙に使えない超能力を持った主人公が
 大きな力に反発しまっせ、みたいなお話です。
 読んでみた感想としては、あれ?意外とマンガと違う?
 それなりに面白かったですが終わり方が若干不完全燃焼でした。

 そう言えば今日、領収証の中に薄くなってきた物があったので
 コンビニでコピーを取ってきたのですが
 最近は感熱紙の領収証が多いですよね。。
 感熱紙って文字が消えちゃうから個人的には嫌いなのですが
 手書きの領収証をくれ!と言うのも何か相手に悪い気がするので
 地道にコピーを取って対処しているのですが・・面倒です。
 う〜ん、何とか感熱紙の文字を消えないようにするには・・(−公−;
 ちょっと考えた結果、上からセロハンテープを貼ってみる事にしました。
 ほら、空気に触れなければ長持ちしそうじゃないですか。
 我ながら名案だと思ったのですが・・・
 結果、ちょっと時間経ったら文字が読めない位薄くなりましたΣ(´・д・`)
 ネットで調べたらそーゆーものらしいですね、感熱紙って。。
 と言う訳で、感熱紙にセロテープは絶対NGだと言う事を学びました。


お気に入り度:
 ★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 20:50 | 🌁 | 小説