ファンタージエン 秘密の図書館

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 ファンタジーの金字塔「はてしない物語」(岩波書店刊)の世界
 (ルビ:ファンタージエン)が再び動き出す。
 ミヒャエル・エンデの秘蔵っ子であり「ネシャン・サーガ」シリーズでも有名な
 ラルフ・イーザウが紡ぐ、「ファンタージエン」の古くて新しい物語。


読んだ時期:

 2009年3月30日〜2009年4月1日。


レビューとか感想とか:
 「ファンタージエン」って、はてしない物語?と思って手に取った一冊です。
 内容は、はてしない物語でバスチアンが出会った本屋のおっさん、
 コレアンダーさんの大冒険のお話です。
 スピンオフ作品みたいな物ですかね。
 著者が違うのであまり期待はしていなかったのですが
 はてしない物語の世界観が引き継がれていて面白かったです。
 ちょっと懐かしい気持ちになっちゃいましたよ。
 うん、この本を読んでいる間の私は純粋でした。
 読んでいる間は。
 読み終わった後はぐでーっと美味しんぼ読みましたが
 そのギャップが良い感じです。
 さすが山岡さん、夢も希望も無い事言いまくりです。


お気に入り度:
 ★★★★




スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 21:13 | ☔ | 小説