車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 毎朝10時、100万人がラジオで泣いている。
 ニッポン放送「うえやなぎまさひこのサプライズ!」の「10時のちょっといい話」から、
 「車いすのパティシエ」「天国への郵便ポスト」など感動実話23話を収録。


読んだ時期:
 2009年5月5日。


レビューとか感想とか:
 小説かエッセイだと思っていたのですが全然違いました。
 ラジオの中で紹介された、ちょっと心が暖かくなる短編集です。
 一話一話が長くないのでちょっとした隙間時間を利用して読めますし
 難解な言い回しもないので、子供でも読めると思います。
 小学生の国語や道徳の教科書に載っても良いんじゃないかなぁ、と思える一冊でした。

 さて、皆さんゴールデンウィークを満喫されていますか?
 私はゴールデンウィークの内に仕事を進めておこうと思ったのですが
 何故かあんまり進んでおりません。原因は謎です、多分。
 その代わり「からくりサーカス」を全巻読破しましたけどね。

 こほんっ(−q−)

 テレビを見ていると、Uターンラッシュも例年以上に激しいとの事。
 世の中のお父さん方も大変ですね、しみじみ。
 自宅でコタツに入ってこーゆーニュースを見ていると
 ちょっと幸せな気分になります。「あ〜大変そうだなぁ( ̄ー ̄)」みたいな感じで。

 ・・ただの負け惜しみなんで気にしないで下さいね。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。



スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 20:44 | ☔ | その他