イヤなやつほど成功する! -マキャヴェリに学ぶ出世術

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 礼儀正しく善良なあなた、何かいいことありました?実践すれば大金持ちも夢じゃない。


読んだ時期:

 2009年6月1日。


レビューとか感想とか:
 極々控えめに言うと、これっぽっちも共感できなかった本です。
 タイトルは、マキャヴェリの考え方をビジネスシーンに応用した自己啓発書。
 中身は・・・個人的にはただのジョーク本だと思っています。
 凄い好意的に解釈すると「水清くして魚住まず」ってな事を言っているのでしょうか、
 興味本位で読んでみるのは別に止めませんが、真剣に読んで目からウロコを落とし
 内容を真に受けて行動すると、漏れなくただの嫌な人になれます。
 お友達を無くしたい方にはお勧めです。

 さて、今日から6月に入りましたね。
 なんだかんだでサラリーマンっぽくなくなってから1年が経ちました。
 ふと振り返れば大よそ3ヶ月を目処になんかかんか動きがあるように感じられます。
 去年の6月にまっさらな自由を獲得し(時間の縛りが無くなりました)
 9月にこのブログを始めとした今後の展開を考え始め(重い腰を上げました)
 年明けて1月に個人事業を開始し(本格的に動き出しました)
 4月いっぱいで退職し(書類関係が何にも届かないので本当に退職出来てるかは微妙ですが)
 本日、知らない外国人のおにーさんに道を訊かれるに至ります。

 いやー、ビックリしましたよ。iPod聞きながら歩いていたら
 向かいから歩いてくる金髪のおにーちゃん、いきなり話しかけてきます。
 「スイマセン、ふんふんっはドコデスかー?」って片言の日本語で。
 「ふんふんっ」の所で、ウェイトトレーニングみたいなジェスチャーしています。
 取りあえずどこかに行きたいのは分かるのですが
 日本語が片言過ぎてどこに行きたいのか良く分かりません。
 スポーツセンターにでも行きたいのか?
 しかもその半歩後ろを日本人のお兄さんがニコニコしながら待機。
 恐らくお連れの方だと思うのですが無言です。
 ・・・せめてあんたが説明しろよ、日本人!
 ちょっとイラっとしたのですが、もしかしたら日本語の勉強中で
 日本文化に直に触れよう的なトレーニングの最中なのかも、と思い直します。
 ん?と言う事はこの目の前の外国人(ダニエル)にとって今の私は日本代表?
 こりゃーいかん!
 私の今後の対応いかんでダニエルの日本人に対するイメージが左右されてしまう。
 これは責任重要ですよ、奥さん。
 あっ、ちなみにダニエルは仮名ではなく実名です。
 後で本人に聞いたんでガチです。
 まぁそんな訳でフレンドリーに対応する事を決意したのですが・・
 いかんせん、どこに行きたいのかが良く分からない(−公−;
 てか、目の前に警察署があるのに私に訊いてくる理由が分からない。

 ん?目の前に警察署?じゃあそこで訊けばいーんじゃん。
 もっと正確に言うと、そっちに押し付ければいーんじゃん。
 と言う訳で「じゃあ私もついていくから警察いこーよ」と言った所
 「おーぅ、あなたーイソガシー」とか言いやがります。
 それは「あなたも忙しいでしょうにそこまでして貰うのは悪いのでは?」って意味だな。
 急に「1Q84」に出てくる「ふかえり」みたいな喋り方になんなよ、ダニエル。
 「あっはっはー、気にしないでクダサーイ。さぁイキマショー」と
 私も釣られておかしくなったイントネーションで言うと警察署に向かいます。

 ・・・目論見、失敗。
 警察の人(20代前半っぽい見た目の可愛らしい女性)と
 ダニエル君(20歳の交換留学生?日本に着たのはつい最近)のやり取りが
 何故か私を介して行われます。
 ダニエル←→私(イントネーションの変な日本語)
 私←→警察の人(なんかそれっぽい日本語)
 みたいな感じで。
 気持ちは分かるけど直接コミュニケーションして下さい_| ̄|○
 とてもじゃないけど押し付けて逃げられる雰囲気じゃありません。
 仕方ないので一生懸命ダニエルとコミュニケートした所、
 行きたいのはスポーツ用品店みたいです。
 「ふんふんっ」は運動したいじゃなくてダンベルを指してたみたい。
 と言う訳で警察官のおねーさんにスポーツ用品店を教えて貰い
 警察署を後にしました。心優しい対応ありがとうございます、おねーさん。
 その後警察署のまん前で少し立ち話をして別れたのですが
 ここで簡単に再現させていただきますね。

 ダニエル:「助かりましたー、アリガトー」
 私:「どーいたしましてー」
 ダニエル:「本当にアリガトデース。お名前なんていいますかー?」
 私:「マコトでーす。あなたのお名前はー?」
 ダニエル:「ダニエル言いマース」
 ???:「あっ、私は鈴木です。」

 ・・・?あっ!いたいた!日本人。
 あんた、今まで一言も話さないから存在忘れてたよ!
 と言う訳で最初から最後まで鈴木さんの存在が謎でしたが
 ダニエルと固い握手を交わしてお別れしました。

 握手なんて久しぶりにしましたがちょっと紳士になった気分です。
 気分が良いので今日は優雅に紅茶でも飲むか!と思ったのですが
 残念ながら我が家には梅昆布茶しかありませんでした。台無しです。


お気に入り度:
 ★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。



スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 18:52 | ☔ | 個人的にいまいち