「治らなくてもいい」から始めよう―パニック障害・うつ状態と闘い切り抜けた記録 (単行本)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 パニック障害は、ストレス社会において決して他人事ではない!治らなくてもいい、
 と思えるようになるまでの苦悩の日々を、患者自身が克明に、赤裸々に記す。


読んだ時期:

 2009年6月27日。


レビューとか感想とか:
 著者の方がパニック障害及び鬱の経験者で、体験談と言うか闘病記と言うか
 まぁそんな感じの本です。
 最初の方は非常に興味深く読めたのですが、
 途中からは愚痴がメインで読んでてイラっとしたので
 全部読まずに放り投げた一冊です。
 個人的にはもっと専門的(対処法や仕組み的な物)な話か
 あるいはお医者さんから見た目線の話を期待していたので
 当てが外れた一冊でした。
 鬱病患者ってどんな気分なのかなーと思う人等、
 患者さんの気持ちを知りたい方は読んでみても良いかと思います。
 個人的にはあまり楽しめない一冊になりましたが、
 目的に沿って読めばそれなりに有意義だと思います。

 さて、実は色々書いては消して書いては消してをしてたんですが
 余りにもデリケートな問題なんで書くの止めます。
 私、文章書くのが本職って訳でも無いですし。
 ただ鬱病に対して個人的に思うのは「心の病気」って表現が嫌いです。
 「心の怪我」って言った方が適切な気がするんですが如何でしょう?

 後、この本が気に食わなかった理由に繋がるのですが、
 鬱病の治療には周りの人が「甘やかしてあげる事」が必要だと思っています。
 甘やかすって表現が不適切だったら「暖かい目で見守る」ですかね。
 冷たい言い方ですが、私は見ず知らずの他人様にそのような労力は使えません。
 そういう意味でこの本が気に入りませんでした。
 見ず知らずの他人の愚痴を聞いても、特に有意義だと感じられなかったので。
 あっ、もちろん自分に取って大事な人であれば、力になってあげたいと思いますし
 愚痴なんかも聞いてあげたいと思いますよ?
 私は分かりやすく現金なヒトだったりします。
 赤の他人より身近な人が大事です。


お気に入り度:
 ★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。



スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:34 | 🌁 | 個人的にいまいち