扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル) (新書)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が集まった。
 (あそこなら完璧な密室をつくることができる―)
 当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、
 外部からは入室できないよう現場を閉ざした。何かの事故か?
 部屋の外で安否を気遣う友人たち。自殺説さえ浮上し、犯行は計画通り成功したかにみえた。
 しかし、参加者のひとり碓氷優佳だけは疑問を抱く。
 緻密な偽装工作の齟齬をひとつひとつ解いていく優佳。
 開かない扉を前に、ふたりの息詰まる頭脳戦が始まった…。


読んだ時期:

 2009年8月1日。


レビューとか感想とか:
 Amazonにオススメされた作家さんの本です。
 冒頭にいきなり殺人シーンがあり、しかも犯人が分かっている優れものです。
 犯人はある理由により死体発見を遅らせたいのです。
 ところがどっこい、ちょこちょこ小さいミスをしており、
 しかも「どんだけ疑り深く生きてんだょ(;゚д゚)」と思われる探偵役が
 ちょくちょくそのミスに気づいたりするんですよね。
 犯人vs探偵役の推理バトルが全編に渡って続く感じです。
 最初は疑い半分で読み進めましたが、個人的には最後まで楽しめました。
 特にオチが好みです。
 犯人が自分でぺらぺらと解説して最後に警察に連れられていく、なんて
 ベタな感じじゃないのが心の琴線に触れました。

 さて、実は昨日、ちょっくらジンギスカンを食べに行ったのですよ。
 この本は待ち合わせ場所に向かうまでに読みました。
 んで、美味しく食べて飲んで帰ってきた所までは良いのですが・・・
 今考えるとそこからがおかしかったです、私。
 私の場合、お酒が飲むとトイレが近くなるのですね。
 恐らく分解が早いのだと思うのですが、
 トイレが近くなる代わりにいくらでも飲める感じです。
 ほんでもって飲み終わってしばらくすると眠くなるのですが
 そのタイミングで寝ないと逆に寝れなくなっちゃうのですよ。
 昨日もそんな感じで眠れなくなりました。
 ちょうど小腹も空いていたのでラーメンでも食べるか!と思い立ち
 近所のラーメン屋まで行ったのですが、満席でした。
 仕方ないので松屋にでも・・いや、マックで妥協するか・・・
 あっ、そーいや、すき家のタダ券家にあったなぁ・・
 う〜ん・・・色々悩み所だなぁ・・・
 取りあえず散歩でもしながら考えるかぁ・・・とかやっていたら
 いつの間にか朝になっていました。
 もっと具体的に言うと1時から5時まで放浪してた感じです。
 更に具体的に言うと大和から藤沢まで歩いた感じです。
 そんでもって始発で大和まで帰ってきました。
 なんだかんだで結局何も食べていないので
 今からご飯食べて寝ます。

 正直、自分の行動が信じられません_| ̄|○


お気に入り度:
 ★★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 07:06 | ☁ | 小説