水の迷宮 (光文社文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 三年前に不慮の死を遂げた水族館職員の命日に、事件は起きた。
 羽田国際環境水族館に届いた一通のメールは、
 展示生物への攻撃を予告するものだった。
 姿なき犯人の狙いは何か。
 そして、自衛策を講じる職員たちの努力を嘲笑うかのように、殺人事件が起きた。
 すべての謎が解き明かされたとき、胸を打つ感動があなたを襲う。


読んだ時期:

 2009年9月11日。


レビューとか感想とか:
 普通のミステリーでした。
 水族館で3年前に事件が起こりましたとさ。
 3年後になんか知らんけど良く分からん脅迫が届きましたとさ。
 それにてんやわんやしている内に殺人事件が!って展開です。
 まぁ普通に面白かったんですけどね。
 何だよ、あの最後(;´A`)
 何だよ、そのご都合主義(;´A`)
 そんな訳ねーだろ、屁理屈ばっかこねるなや(;´A`)
 って感じでした。
 本当は★★位だったのですが「胸を打つ感動があなたを襲う。」に敬意を表して
 ★にさせて頂きました。そこだけは断固拒否させて頂きます。
 立つ鳥後を濁された気分満載な一冊でした。


お気に入り度:
 ★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 21:31 | ☔ | 小説