君の望む死に方 (ノン・ノベル) (新書)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 膵臓ガンで余命6ヶ月―。“生きているうちにしか出来ないことは何か”
 死を告知されたソル電機の創業社長日向貞則は社員の梶間晴征に、
 自分を殺させる最期を選んだ。彼には自分を殺す動機がある。
 殺人を遂行させた後、殺人犯とさせない形で―。
 幹部候補を対象にした、保養所での“お見合い研修”に
 梶間以下、4人の若手社員を招集。日向の思惑通り、舞台と仕掛けは調った。
 あとは、梶間が動いてくれるのを待つだけだった。
 だが、ゲストとして招いた一人の女性の出現が、
 「計画」に微妙な齟齬をきたしはじめた…。


読んだ時期:

 2009年9月15日〜2009年9月17日。


レビューとか感想とか:
 迂闊な事を書くと全部ネタバレになりそうな一冊です。
 普通のミステリーは殺人が起こってから物語が動き出しますが
 この本は事件が起こるまでがメインな一冊です。
 殺人犯(予定)があんな事やこんな事を四苦八苦したり
 被害者(予定)の心の機微だなんだと言う事が書かれています。
 個人的には新鮮で面白かったです。
 ただ、相変わらず(?)探偵役が超人過ぎるのが何と言うか。。
 お前はエスパーか?!と思わず言いたくなる位
 用意周到頭脳明晰、おまけに人格的にちょっと歪んでます。
 その能力があれば私も今の倍位上手く物事を運べるのに。。
 とちょっと羨ましくなる位です。
 後味は決して爽やかではない為ハッピーエンドを期待する方には向きませんが
 ロジカルな頭脳ゲームみたいな事が好きな方は楽しめると思います。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 04:47 | 🌁 | 小説