コッペリア (講談社文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 恋をした相手は人形だった。作者は如月まゆら。
 だが、人形はエキセントリックな天才作家自らの手で破壊されてしまう。
 修復を進める僕の目の前に、人形に生き写しの女優・聖が現れた。
 まゆらドールと女優が競演を果たすとき、僕らは?
 日本推理作家協会賞受賞作家が新境地を開く、初めての長編ミステリー。


読んだ時期:

 2009年9月28日。


レビューとか感想とか:
 「欲張ったな〜(^^;」と言うのが正直な感想です。
 「人形」と「ごっこ遊び」がテーマの青春(?)ミステリー。
 系統的にはイニシエーション・ラブに近いと思います。
 個人的にはイニシエーション・ラブの方が好きですけどね。
 ミステリーと言うだけあって悪意ある表現が満載で
 正直言って、後半部分は頭に「?」マークが浮かびっぱなしでした。
 しっかり誤解させられていましたよ。
 後半部分で頭がぐちゃぐちゃにさせられる事請け合いですが
 全体を通しては結構面白かったです。

 さて、そろそろ9月も終わりますね。
 振り返ってみると9月はあっという間でした。
 あっ!て言う間に終わっちゃった感じです。
 10月がどのような月になるのか今から楽しみですが
 まぁゆる〜く頑張っていこうかと思います。


お気に入り度:
 ★★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:13 | ☁ | 小説