自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND (単行本)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 どうやって考え、行動するか。
 ベストを尽くす方法がわかる。

 ベストセラー『世界一やさしい問題解決の授業』著者、渾身の第2作!
 世間の常識に流されずに、考え抜き、行動する力が身につく!
 論理思考、情報収集、価値判断、決断と実行……
 どこで何を考え、どんなツールを使うのか?
 「主人公ピンキーの挫折と気づき」「両親、友だち、コーチが教えてくれたこと」
 「Mr.B、迫真の授業」・・・主人公が段階的に成長していくストーリーを通じて、
 「考え・行動する」ためのポイントが具体的にわかる。
 ピラミッド・ストラクチャーも圧倒的にわかりやすい!


読んだ時期:
 2009年9月29日。


レビューとか感想とか:
 寓話です。自己啓発書です。好きな分野です。贔屓目入ってます。
 と言う訳で、赤い魚のピンキーの日常を通して
 問題分析力を養いましょうな本です。
 実は最初の方を読んで失敗したかな〜と思ったのですよ。
 ロジカルシンキングのテクニック的な説明のように感じたので。
 ですが、読み進めていくと徐々に心構え的な話や考え方、
 問題解決に向かう姿勢的なお話も出てきました。
 私の場合、全編を通して成る程!と感じた訳では無いですが
 部分部分ではっとさせられる事が多かったです。
 今の自分の状態や今後の課題、目標とすべき事、それに向かう姿勢等を
 考えるきっかけになったと言う意味で有意義な一冊でした。
 ちなみにカメのじーさんの解説は適当に読み飛ばしました。
 ピンキーの物語を通して読み取れた事の方が個人的には大きかったです。

 私の解釈ですが、問題解決って冷静に取り組まないと駄目だと思うんですよね。
 大抵問題が起こった時は多かれ少なかれパニクっているものです。
 そうすると問題が何かなのかも分からなくなって何していーかも分からなくなる。
 そのような状態の時に問題を解きほぐし、何から手をつければ良いのか
 それを考える為のテクニック的な物が載っていますので
 自分がテンパりやすいと思う人は読んでみても良いかと思います。

 テンパると言えば9月の私は色々頑張りました。
 自分では気付いていませんでしたが相当テンパっていたようです。
 あのですね。
 今日味噌汁を温めようと電子レンジをあけたのですよ。
 そしたらレンジで暖める卵豆腐がでーんっと鎮座しておりました。
 賞味期限を見ると9月16日。
 10日以上も出して貰えるのを待っていたようです(つд`)
 ゴメンね、卵豆腐君。
 でもお前、控えめに言って腐った卵みたいな匂い出すなよな。


 このくそ寒い中、我が家の窓は全開で開いております。
 フローラルな香りと言うには強烈過ぎる。


お気に入り度:
 ★★★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 21:50 | ☁ | ビジネス書